男性専門でブログの構築方法、記事の書き方、SEO対策、資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログ記事の書き方、SEO対策や資料の作成方法をアドバイスしています。文章の校正、添削、再構築も行っています。外資系企業での人間関係の悩み、男女間の悩み、親の介護の悩み相談にも乗ります。主に個人事業主やフリーランスの男性の相談に乗っています。

MENU

わかりやすい文章を書くために無意識で私がやっていること

仕事柄わかりやすい文章を書くことが必要でした。わかりやすい文章を書くために、普段意識せずに私がやっていることを書き出してみます。

  •  人の記事や文章を読んで気になる言葉はネットの国語辞典で調べる
  • 自分が書いた文章を読んでみてしっくりこないなら、類語辞典で他の言い回しがないか調べる
  • 自分の書いた文章を次の日や数日後に読み返して書き直す

この3つは文字校正や印刷物を作る時、ブログや文章を書く時に普通にやっています。文章にたずさわる仕事をしている人は皆さんやっていると思います。

 

これは基本的なことなのでやっているレベルに入らないと思っていましたが、お客様から話を聞くとほぼ全員がやっていません。

 

類語辞典の話をすると「こんなのがあるとは知らなかった!」と言われます。それぐらい辞書を使って調べないということです。

 

国語辞典と類語辞典はネットですぐに出てきます。言葉を調べるだけでもかなり勉強になります。そして調べた後は、すぐにどこかで使うようにしてみてください。インプットしたものはすぐにアウトプットしないと身に付きません。

 

「私には語彙力がありません」と言われる人が多いのですが、実は私も語彙力がありません。どちらかというと難しい言葉を知らないので、簡単にわかりやすく書くことだけを意識しています。

 

文章を書くことは難しいと思われがちですが、あなたは作家でもWebライターでもありません。普段書いている文章をわかりやすくするだけで読まれる文章になります。

 

わかりやすい文章の書き方を知らない人が多いです。ですが、結構簡単に誰でもできます。私にもできるので、あなたなら絶対にできます。安心してください。その方法が知りたい人はいつでも相談してください。

blog.akira-workshop.com