ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

秋山さんの設定してる料金は高いですが文章を読んで納得したので申し込みました

「他の講座でも秋山さんと同じような内容をやっていますが、金額は秋山さんのほうが断然高かったです。値段だけで選べが安い講座がいいとは思いますが、秋山さんはなぜ高い料金を設定しているのかの理由までキッチリと書いていました。その内容を読んで納得したので申し込みました。」と男性のお客様からご感想をいただきました。

 

「やはりマンツーマンで自分の悩みに合わせて相談に乗ってくれるのも魅力に感じました。それに色んな職種の人の相談に乗られているので、自分の商売でのヒントももらえるのではないかと思いました。」とのご感想も同時にいただきました。

 

「なぜ高い料金を設定しているのか?」その理由を書いていない人がほとんどです。格安料金や無料で相談に乗ってくれるには、理由があります。それは後から高い商品を買わせるために安くしているのです。安いものほど高くつくのです。

ですが、高い料金を設定している場合、なぜその料金なのかの理由まで書いている人はほぼいません。私はそこを丁寧に説明する文章を書きました。その文章を読んで納得してくれた人が高くても申し込んでくれます。

 

人は多少金額が高くても自分で納得すれば、お金を払ってくれます。ほとんどの人が、自分を売り込めば高い商品が売れると勘違いしています。

気に入った洋服があり、手に取って見てるだけなのに、店員さんから「すごくお似合いですよ!その色いいですよね!雑誌にも載ったんですよ!」と売り込みをされると、途端に買いたい気持ちが失せていった経験は誰にでもあると思います。人は説得されると買いたくなくなるのです。自分を売り込むことに必死な人の商品が売れないのは、お客様を説得しているからです。

 

高い商品を売りたいなら「なぜ高い料金を設定しているのか」その理由を書いてください。同じような商品やサービスを売っている人よりも、なぜ高いのか?その理由をキッチリと書きましょう。それを読んだ人が納得すれば高くても必ずあなたの商品やサービスを買ってくれます。

 

高い商品が売れない人は自分でもなぜ高い料金を設定しているのかの理由がわかっていません。「高い料金を設定しないとダメ」とコンサルや起業塾で言われているから設定しているだけです。 高い料金を設定している理由のほとんどは「自分の生活が安定するから」だと思います。それでは誰もお金は払ってくれません。

 

私に申し込んでくれる人は文章をかなり読み込んでから申し込んでくれます。私もそれがわかっているので、できるだけ丁寧にわかりやすく、納得できる文章を書くように心がけています。あなたも自分を売り込むのではなく、お客様が納得できる理由を書いてください。そうすれば商品が売れるようになりますよ。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com