ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

いい匂いの柔軟剤になかなか巡り会えない話【エッセイ】

10年以上前までは柔軟剤なんてほぼ使っていなかったのに、いつの間にやら洗濯の際には必ず柔軟剤を使うようになった。そんなに種類がなかった柔軟剤が、気付けば色んな種類が無数に売っている。そこでいつも困るのが「自分がいい匂いだと感じる柔軟剤があんまりない」ことだ。

 

私は匂いに敏感なので化粧品も無香料のモノを使っている。香水もつけない。エルメスの「ナイルの庭」ならつけられる。私にとって良い匂いはそれほど限定されている。匂いにうるさい女なのだ。

 
もちろん使う柔軟剤も決まっていた。
  • ラボン ラグジュアリーガーデン
  • フレリー ボタニカル ハーブ&ゼラニウム
この2つの柔軟剤の匂いがめちゃくちゃ好き。

 

 

でも値段が高い!フレリー ボタニカルの柔軟剤なんて、今の販売価格は4,980円もする。買えるかよ。

 

ということで、値段が高すぎるのでもっとお手頃価格な柔軟剤に切り替えようと思ったけど、私の納得する匂いの柔軟剤がない。安い柔軟剤は色んな匂いがあるけど、匂いがキツすぎる!まさにスメハラの原因になりそうな匂いのキツい柔軟剤ばかりが、安い値段で売られている。困った。

 

柔軟剤の匂いが最近問題になってるけど、マジで匂いがキツすぎないか?ほんわかとさりげなく匂うぐらいがちょうど良いのに「我ここにあり!!」と主張する柔軟剤ばかりで嫌になる。匂いのマウンティング状態だ。

 

仕方ないので「さらさ」の柔軟剤を使うことにした。洗濯洗剤も「さらさ」使ってるしね。あんまり好きな匂いでもないけど、匂いがキツくないので大丈夫かも。

 

これでダメなら柔軟剤ジプシーになりそう。いっそのこと柔軟剤使うのやめようかとも考えたけど、何も匂わないのも寂しくなっている。これは洗濯洗剤会社の陰謀だろうか?私はそれにまんまとハマっているのだろうか?と考えながらも柔軟剤これからも使いますけど。

blog.akira-workshop.com