ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ブログの口調はですます調がいいでしょうか?

「ブログの口調はですます調で書いたほうがいいですか?」とたまにお客様から相談されます。多くの人が読むブログにしたいなら、ですます調で書くことをオススメします。

 

「男女どちらにも読んでほしい」「より多くの人に読んでほしい」と考えているなら、ですます調で書いてください。ですます調で書くと多くの人にとって読みやすいブログになります。

 

ブログの口調であなたのお客様が決まります。いい加減な口調で書いていると、それがそのままあなたのお客様に反映されます。

実は、私がアメブロでブログ記事を書いていた時は、ですます調で書いていませんでした。大阪弁を駆使してブログを書いていたのです。そのため、ブログから集客したお客様はすべて関西人でした。関西人にはウケましたが、関西人以外にはウケなかったようです。それほど書く口調は影響があるのです。

 

集客のためのブログ記事はお客様のために書いている記事です。そのため、ある程度丁寧な口調で書くようにしてください。

 

私はエッセイ記事も書いていますが、こちらは「だ・である調」で書いています。エッセイとは「気のむくままに、形式にとらわれず、自由に書いた文章」です。そのため、自分の感じたことを書いているので「だ・である調」で書いています。

最初は集客用の記事もエッセ記事もですます調で書いていましたが、途中から変えました。私が記事によって書き方を変えているのを気付いた人は、かなりの秋山マニアです。

 

私に相談してくれるお客様はほぼ、ですます調でブログを書いています。あなたもブログの口調で悩んでいるなら、まずはですます調で書いてみてください。そこから少しずつ自分に合った口調を見つけて変えてみるのはアリです。ブログの口調が気になる場合は、いつでも相談してください。

blog.akira-workshop.com