ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

助言やアドバイスはダメ元でやってみると結果が出やすい

私も半年に一度個別コンサルを受けることがあります。それ以外では、ストアカから個別?にメールをもらうことがあります。どちらも集客に関するアドバイスをもらうのですが、素直にやってみると結果が出ることがあります。

 

助言やアドバイスをもらっても「こんなことやっても本当にお客様が来るのかな?」と、疑う気持ちが湧くのはよくわかります。ですが、今やっていることで結果が出ていないなら、人の意見は素直に聞いたほうがいいです。今の状態で結果が出てないなら、やってみないという選択肢はないと考えましょう。なぜなら、良くなることはあっても、それ以上悪化することはないからです。

 

助言やアドバイス通りにしても上手くいくとは限りません。ですが、やってみて結果が悪ければ元に戻せばいいだけです。上手くいったらラッキーです。「やって良かった。アドバイス通りにして良かった。」と相手に感謝の気持ちさえ出てきます。その気持ちが、あなたにもっと良いことを呼び寄せてくれます。

 

疑り深い人ほど上手くいきません。何をやるにしても「これをやってどうなるんですか?」と結果ばかり聞いてきます。何もしていない状態では、結果はまだ出ていないので、聞かれても答えようがありません。

結果を気にするということは、人に自分の成功を委ねているのと同じです。もし悪い結果なら助言した相手が悪い。良い結果なら相手の言う通りにしたから。どこにも自分が存在していません。それでは、この先もずっと誰かに頼りながら生きることになります。

 

そうならないためには、相手に過剰に期待し過ぎないことです。そして、せっかく助言やアドバイスをくれたなら、ダメ元でやってみましょう。「ダメで当たり前、当たればラッキー」ということを覚えておいてください。

 

ちなみに私は助言やアドバイスをされたら、すぐに取り掛かるタイプです。「どうしようかな」と考える時間を自分に与えるとやらないからです。考える時間は与えずに、すぐに手を動かすようにしています。そして、助言通りにやると結果が出やすいことも経験上知っています。これホントですよ。一度試してみてください。

blog.akira-workshop.com