集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

インスタ投稿でキャプション冒頭から宣伝を書かれると読む気が失せる

お客様のインスタを見ていると、キャプションの冒頭から自分の宣伝を書いている人がいます。最初に宣伝されると一気にキャプションを読む気が失せます。

 

お客様に「なぜ冒頭から自分の宣伝を書いているのか?」と質問すると、「インスタ集客のコンサルに冒頭に宣伝を書くように言われました」と答える人が多いです。

 

たぶん、インスタのキャプションに宣伝を書けと言っているコンサルは「キャプション」の意味を知らないのだと思います。

キャプションとは、

写真・図版に添えられた説明文。

のことです。

 

写真を見て、説明文が読みたいからキャプションを見ます。そこで宣伝が書かれているとガッカリします。二度とその人のインスタを見る気になりません。

 

キャプションには写真に関する説明をまずは書きましょう。

 

写真を見て、キャプションを最後まで読んでくれた人に「興味がある人はDMからメッセージください」ならわかります。いきなり宣伝されても、何がしたいのかわかりません。

 

「冒頭から宣伝を書きまくっているな」と思ったあなた。今すぐにキャプション冒頭の宣伝を消してください。それよりもインスタの写真を見た人が知りたい内容をキャプションに書きましょう。そのほうが断然反応が上がりますよ。

blog.akira-workshop.com