集客の悩み相談室|集客のブログ記事の書き方・構成方法・SEO対策、販促用のチラシやパンフレットの作り方やデザイン方法を男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成方法・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

料金を払ってもらう際は前払いと後払いどちらの方がいいですか?

「料金はやはり前払いでいただいたほうがいいでしょうか?」と質問されることがあります。

 

個人事業主はよほどの理由がない限りは、必ず前払いで支払ってもらいましょう。私のお客様にはそのようにお伝えしています。

 

後払いにすると、本当に支払わない人が出てきます。

 

あなたが親切で「後払いでいいですよ」と言ったとしても、それをどこでどう聞き間違ったのか、相手によっては「払わなくてもいい」と受け取る人もいます。

 

私が昔フリーランスとして仕事をしていた時に、後払いでいいと伝えていた中間業者に、私の売上をすべて盗まれたことがあります。

 

今でも色んな事情により、仕方なく後払いで仕事をすることもあります。その際に「何日までにお支払いください」とお願いしたにも関わらず、支払いが遅れているのに何の連絡もない人や会社からの仕事は二度と受けないと決めています。

 

私は一度でもお金で嫌な目にあうと、その人のことは信用しません。

 

誰もが一度はお金で嫌な目にあったことがあると思います。あなたとお客様との間で、お金に対するいざこざを避けるためにも、余程の理由がない限りは、前払いで支払ってもらってください。

 

もし、仕方なく後払いにした場合、支払いが遅かったり、なかなか払ってくれない人は次回から仕事をキッパリと断りましょう。

 

そんな人と仕事をしても、同じことが繰り返されるだけです。何かと理由をつけて払わなかったり、規定の金額を入金してこない場合もあります。

 

お金にルーズな人はすべてにおいてルーズです。それで今までやってこれたので、それでも構わないと思っています。そんな人がこの先、ルーズでなくなることはほぼないです。その人に期待するだけ無駄です。

 

あなたもお客様にキッチリと気持ち良く支払ってもらえるように、お支払い方法は銀行振込やカード払いなどを揃えておくといいですよ。

 

支払い方法も色々とあるので、1人ではわからない場合は個別にご相談ください。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について