ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

自分のブログを自分で読んでも集客できない理由がわかりません

「自分のブログを自分で読んでも集客できない理由がわかりません」と、相談にくる女性のお客様が多いです。

自分で読んでみると「面白い」し「良いこと」を書いている、それなのになぜ集客できないのかがわからない。と悩んでいます。

 

あなたが書いたブログをあなたが読んで面白いのは当たり前です。なぜなら、あなたが「面白い」と思っている内容を書いているからです。ですが、それでは集客できません。なぜなら集客ブログはあなた以外の人が読んで「面白い」と思われなければ意味がないからです。

 

お客様が読んで「面白い」「知らなかった!」「もっと読みたい」と思わせるには、あなたが読んで面白いことを書いていてはダメです。ほとんどの人は「内輪ネタ」ばかりを書いています。「内輪ネタ」とは、自分に起こった出来事や自分の家族や子供の話などです。自分が通っている講座で勉強している内容を事細かく書く人もいます。その話を読んで面白いと思うのはあなただけです。

 

あなたのお客様が読んで面白いと思うことは

  • 悩みが解決する方法
  • 知りたかったことや知らなかったこと
  • ためになる話

などです。

 

私のブログで何度も書いていますが、人は自分以外の人に興味がありません。それなのに、まったく知らないあなたのことをブログに書いても、誰にも読まれません。誰にも読まれていないので集客もできません。当たり前の話です。

 

実は自分で書いたブログを客観的に読むのは難しいのです。ブログを書き始めた時は、特に客観的に読めません。私もそうでした。

そんな時は、ぜひ私に相談してください。あなたのブログを読んでみて、どこが悪くて読まれていないのか、集客できないのかをお客様視点でお伝えします。何を書けば読まれるのかが、すぐにわかるようになりますよ。

blog.akira-workshop.com