ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ブログに自己紹介の記事を書いた方がいいでしょうか?

「ブログに自己紹介の記事を書いた方がいいでしょうか?」とお客様に相談されました。自己紹介の記事は書かなくていいです。なぜなら誰も読まないからです。

以前、自己紹介は書かない方が良い理由について書いた記事があります。こちらもご一読ください。

blog.akira-workshop.com

 

よほどあなたに興味があれば「自己紹介」と書いたタイトルの記事を読むかもしれませんが、ほぼ誰も読みません。読んでも面白くないからです。

 

まず、読者はあなたに興味がありません。興味のない人の過去の出来事を積極的に知りたくなる人はいません。

 

ですが、あなたの過去の出来事や経験が役に立つ時もあります。

 

例えば。あなたが占い師で復縁についてブログ記事を書いているとします。ブログ記事内に「実は、私も彼氏に振られた後、復縁したいと思ったことがあります。そのため、あなたの気持ちがよくわかります。」と書けば、読者の共感を得ることもあります。

振られた経験がまったくない人よりも、振られた経験がある人に相談した方が「この人ならわかってくれそう」と読者に思われます。

 

私もブログ記事内で自分の経験を書いています。

  • アメブロに疲れた話
  • コンサルに頼んでも上手くいかなかった話

どちらも私の実話です。

 

同じことで悩んでいる人が多いので、自分の経験を書き、解決方法を提示しています。自己紹介で書くよりも、記事内で少しだけ自分の経験を入れると良いのです。その方が読まれます。

 

自己紹介はプロフィールで書けば良いです。それで十分です。それよりもお客様の悩みやお客様の知りたいことや知らないことについてブログ記事を書きましょう。

blog.akira-workshop.com