男性専門でブログの構築方法、記事の書き方、SEO対策、資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログ記事の書き方、SEO対策や資料の作成方法をアドバイスしています。文章の校正、添削、再構築も行っています。外資系企業での人間関係の悩み、男女間の悩み、親の介護の悩み相談にも乗ります。主に個人事業主やフリーランスの男性の相談に乗っています。

MENU

ブログの初回記事の書き方に決まりはありますか?

これからブログをはじめるお客様から「ブログの初回記事の書き方に決まりはありますか?」と聞かれることがあります。

何も決まりはありません。

 

ただ、書かない方がいいことはあります。「自己紹介記事は書かないでください。」と私はお客様にいつも言います。

ほとんどの方が以下のような記事を最初に書いています。

自己紹介

 

今日からブログをはじめることになりました。秋山アキラと申します。

趣味は読書と映画鑑賞です。

ブログは今までやったことがありませんが、これから一生懸命がんばります!

末長くお付き合いいただければと思います。

次回の記事では、私がどうしてブログ集客をはじめることになったのかをお話ししたいと思います。

 

自己紹介を初回記事で書いても誰も読んでいません。ほとんどの方が初回に自己紹介記事を書き、その後も3〜5記事にわたって自己紹介記事を書き続けます。

ですが、自己紹介の記事を書く意味はまったくありません。自己紹介記事を必要だと思っている方は多いですが、実は自己紹介記事は不要です。私のブログを読んでもどこにも「自己紹介」という記事は出てきません。

 

集客のためのブログには、最初からお客様の悩みに基づいた記事を書かなければ集客ブログの意味はありません。

blog.akira-workshop.com

 

自己紹介記事を初回に書く人は、「集客ブログがどんなものなのか?」をまったく理解していません。お客様を集めるために書くのが集客ブログです。あなたの自己紹介を書いてお客様が集まりますか?という話です。

 

自己紹介はプロフィールに書けばいいのです。どうしても書きたい人は、ブログ記事の中に自分の体験談を記事を書いてください。私のエッセイ記事がそれにあたります。

blog.akira-workshop.com

 

エッセイ記事の中には私の体験談を書いていますが、記事タイトルには

  • 読者が興味がありそうなタイトル
  • 思わずクリックしたくなるようなタイトル

を付けるようにしています。

記事タイトルが「自己紹介 その1」だと、せっかく書いても読んでもらえる可能性はありません。ですが、「サイコパスはあなたの周りにも必ずいるという話」というタイトルにするだけで、サイコパスに興味のある人はクリックしてくれます。人が興味ありそうな記事タイトルを付けるだけで、クリックされる確率や検索で引っ掛かる確率が格段に上がるのです。もちろん計算してタイトルを付けています。

blog.akira-workshop.com

 

自己紹介記事がいかに不要かというのはお分かりいただけたでしょうか。ブログの初回記事には「お客様の悩み」を書きましょう。初回だから200回目だからというのは関係ありません。常にお客様に読んでもらえる記事を意識して書いてください。

 

初回記事の書き方がわからない方は、いつでもご相談ください。あなたのブログの初回記事に何を書けば良いのかを私が教えますよ。

blog.akira-workshop.com