集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ブログ記事のタイトルの書き方を教えてください

集客ブログの書き方がわからず相談してくれるお客様でも、記事の書き方がわかってくると次の悩みは「ブログ記事のタイトルの書き方」で悩みます。

 

結論から言うと

  • お客様に言われた言葉をそのまま書く
  • 人が心の中で考えていそうな言葉をそのまま書く

です。

 

悩みに悩んで書いた記事タイトルが「職場が辛いしんどい」など、「動悸・息切れ・めまい」の救心のCMのようなタイトルを書く人が多いです。

 

人が悩んでいそうなキーワードだけを並べているタイトルです。残念ながら読む気が起きません。

 

職場が辛い人に向けてタイトルを書くなら「職場にいるだけで体調が悪くなりすぐに家に帰りたくなります」とすると、同じ悩みを持っている人に読まれやすくなります。

 

ブログ記事タイトルだからと意識してキレイに書こうとすると書けなくなります。ですが、人が喋っている言葉をそのままタイトルとして書けば書きやすいですし、読まれやすいです。

 

私の記事タイトルを読んでもらえればわかりますが、お客様に言われたことをそのままタイトルにしています。

 

よく読まれている記事は特にお客様に相談されたそのままをタイトルとして書いています。

  • 起業コンサルタントは怪しい人が多くないですか?
  • STORESで販売する商品をWordPressに連携させたいです
  • noteとアメブロなどのブログで同じ記事を書いても大丈夫でしょうか?

 

普段から思っていることや喋っていることをそのまま記事タイトルにすれば、読者は違和感なく読めます。

 

記事タイトルが少しぐらい長くなっても問題はありません。短いタイトルのほうが良いわけでもないので、とりあえずは気にせずにタイトルを書いてみてください。

 

ブログ記事が読まれるようになると、そのうちに「どういうタイトルが読まれているのか」がわかるようになります。そうなると記事タイトルの書き方もわかってきます。

 

くれぐれもキーワードだけを並べたタイトルは書かないようにしましょう。タイトルの書き方がわからない人はいつでも相談してください。人に読まれるタイトルの書き方を教えますよ。