集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ブログはアクセス数よりも滞在時間を伸ばしたほうが集客に繋がる

ブログのアクセス数を気にするお客様もいますが、アクセス数よりもブログの滞在時間を伸ばしたほうが集客に繋がります。

 

ブログでアフィリエイトをやっている人はアクセス数を伸ばすことが重要です。なぜなら、ブログに広告が表示され、その広告をクリックしてもらうことで報酬が発生するからです。

 

ですが、ブログを読んで何かを申し込んでもらいたい人や何かを依頼してほしい人は、アクセス数だけ伸ばす記事を書いても、記事を読んだ人はお客様になってくれません。

 

そして集客ブログのアクセス数は、そこまで伸びないのが現状です。

 

アクセス数はそんなに伸びませんが、一人の人の滞在時間やページビュー数を伸ばすことはできます。

 

まず、あなたのお客様が悩んでいそうなことを記事に書きます。記事の文字数は短くて大丈夫です。

 

その記事に関連のある記事を記事内にリンクさせておけば、タイトルに興味を持てばその記事も読んでもらえます。

 

これを繰り返していくことで、ブログの滞在時間とページビュー数が伸びていきます。

 

一人の人に多くの記事を読んでもらい「この人と会ってみたい」とか「この人にお願いしてみたい」と思ってもらえれば、それが集客に繋がっていきます。

 

一度入っただけのコンビニの店員との会話は覚えていませんが、電車やカフェで隣の席にいて、興味ある話をしている人の会話は覚えているものです。電車を降りることを忘れて聞き入っていることもあります。

 

ということは、お客様に興味のある話をブログ記事に書けば、長くブログに滞在し何ページも読んでもらえます。

 

はてなブログの良いところは「関連記事」が記事の最後に表示されることです。そのため、関連記事まで読んでくれる人が多いです。

 

記事を読んだ後に興味があれば、あなたのメニューや商品内容、料金まで見てくれます。

 

無駄にアクセス数だけを増やす記事を1記事書くよりも、誰かにとって興味のある記事を書いたほうが集客に繋がります。滞在時間やページビュー数を増やしたい人はいつでも相談してください。やり方によって徐々に伸びていきますよ。