ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

占い師がブログから集客できない理由は頑固だから

私はタロット占い師として集客に成功したことがあるため、占い師のお客様から「Webから集客できません」と相談を受けることが多いです。

 

色んな占い師のお客様から相談されましたが、占い師が集客できない理由は頑固だからじゃないかと思っています。

 

占い師がWeb上で集客するのは他の職業よりも簡単です。

世の中には悩んでいる人が山ほどいる上に、占い師に占って欲しい人は大勢います。そのため、なんでも良いので人が悩んでいそうな悩みをブログにどんどん書いていけば集客できるようになります。

 

「お客様の悩みをブログに書いていけば集客できますよ」と教えても、ほとんどの人が「今日のカード」という記事をブログ記事に載せることをやめません。

カード系の占い師の方はカードの説明をやたらしたがりますし、西洋占星術の人は有名人のホロスコープを解説したがります。

 

お客様はカードの意味やホロスコープの解説を聞きたいと思っていないと伝えても、みなさん納得しません。

「それでは絶対に集客できない」と伝えてもやり方を変えない人が多いので、占い師さんは頑固な人が多いと思います。

 

私は占い師になって4ヶ月間ほぼ毎日ブログを更新していましたが、集客するために全記事を4回書き直しています。記事数は150記事ほどです。それだけの数を書き直すのは大変です。ですが、集客できないブログをそのまま書き続けるほうが私にとっては苦痛でした。

 

集客できている人はそれぐらいやって、やっと集客できるようになるのです。自分のやり方を変えずに集客できるようになりたいと思っている時点で、その人はブログ集客に向いていません。

 

占い師には需要があります。後はお客様の悩みについてブログを書くだけです。それができれば集客はできます。

ですが、リピートされるかどうかはまた別の話です。

 

あなたが占い師で集客に悩んでいる場合はいつでもご相談ください。この記事を最後まで読んでいるあなたは頑固ではありません。きっと集客できるようになりますよ。

blog.akira-workshop.com