ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ブログがふわっとした内容になるのは事実を書いていないから

「ブログを書いてもふわっとした内容になります」とお客様から相談されることがあります。男女どちらのお客様からもよく相談されます。

 

なぜふわっとした内容になるのかというと、事実に基づいて書いていないからです。事実に基づいて書くとふわっとした記事になりません。良いことを書こうとすると事実ではなく、自分の気持ちや想いを書いてしまいます。そうすると、自分の中で内容が固まっていないため、ブログの内容がふわっとなります。

実は私もふわっとしたブログ記事になりがちでした。ですが、事実に基づいた記事を書くようになってから、ブログの内容がふわっとしにくくなりました。

 

「事実に基づいたブログ記事を書く」とは、

  • あなたがお客様から相談された悩み
  • あなたの経験や実績に基づいた回答

を書くということです。

 

例えば、お客様から「肩こりがなかなか良くならないので、自分で何とかしたい」と相談されたとします。それに対するあなたの回答は「肩甲骨ストレッチをすると肩こりが解消される」とします。それをそのまま書きましょう。肩甲骨ストレッチをすると、なぜ肩こりが解消されるのかの理由を書き、一人でできる肩甲骨ストレッチについて詳しく書きます。

 

お客様の悩みあなたの回答(結論)詳しい解説または具体例

この順番で書けば、ブログはふわっとした内容になりません。

 

特に女性がブログを書くと「読み手によく思われたい」という願望が強く反映されます。そのため、理想と現実が混ざった記事を書きがちです。理想を書いてもお客様にはなんのこっちゃわかりません。実際に役立つ情報を書くと、ブログに読者がつきます。

 

ブログにはあなたがお客様に相談された悩みを書きましょう。そうすると実際に起きた現実の出来事なのでブログ記事が書きやすくなります。ブログがふわっとして悩んでいる人はぜひご相談ください。現実的なブログがすぐに書けるようになりますよ。

blog.akira-workshop.com