男性専門でブログの構築方法、記事の書き方、SEO対策、資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログ記事の書き方、SEO対策や資料の作成方法をアドバイスしています。文章の校正、添削、再構築も行っています。外資系企業での人間関係の悩み、男女間の悩み、親の介護の悩み相談にも乗ります。主に個人事業主やフリーランスの男性の相談に乗っています。

MENU

ブログがふわっとした内容になるのは事実を書いていないから

「ブログを書いてもふわっとした内容になります」そういうご相談も多いです。実は私もふわっとしたブログになりがちです。

 

なぜふわっとした記事になるのかというと、事実に基づいて書いていないからです。事実に基づいて書くとふわっとした記事になりません。私も事実に基づいた記事を書くようになってから、ブログがふわっとしにくくなりました。

 

事実とはお客様から相談された悩みとあなたの回答です。

 

例えば「肩が凝っている」とお客様に相談されたとします。それに対するあなたの回答は「肩甲骨ストレッチをすると肩こりが解消される」とします。それをそのまま書きましょう。そして肩甲骨ストレッチについて詳しく書きます。

 

お客様の悩みあなたの回答(結論)詳しい解説または具体例

この順番で書けば、ふわっとした内容になりません。

 

「肩が凝っている」とお客様が相談しているのに「私に相談すればキラキラして自分らしく生きられるようになります!」と回答しているブログがあまりにも多すぎます。そういうブログを書いているからふわっとした内容になるのです。

 

特に女性がブログを書くと「読み手によく思われたい」という願望が強く反映されます。そのために理想と現実が混ざった記事を書きがちです。理想を書いてもお客様にはなんのこっちゃわかりません。

 

ブログには実際のお客様の悩みを書きましょう。そうすると実際に起きた出来事なので書きやすくもなります。ブログがふわっとして悩んでいる人はぜひご相談ください。現実的なブログを書きましょう。

blog.akira-workshop.com