集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削、文章の書き方・資料作りを男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

美容室や理容室のWeb集客が成功する方法を教えてください

たまに男性の美容師さんや理容師さんからのご相談を受けることがあります。

 

今は美容室や理容室もWeb集客に力を入れています。ですが、Web集客に力を入れるよりも、今いるお客様の満足度を上げる方が先です。

 

お話を聞いていると固定のお客様はいるのですが、新規顧客が来ないのでWeb集客で新規顧客を獲得しようとしています。

 

ということは、固定客の満足度が低いということでもあります。固定客の満足度が高いと、口コミする人が増えます。満足度が高いと人は誰かにオススメしたくなるのです。

 

先日、私の男友達が福岡で理容室に行ったそうです。転勤先で髪が伸びてきたので、Googleで調べ、Googleマイビジネスで出てきたお店に電話をしてすぐに向かいました。その理容室で髪を切ってもらっている1時間で予約の電話が7本入ったそうです。

 

店主に「予約がすごいですね!」と話しかけたところ「お店をやってまだ1年なのですが、お客様には困らず助かっています。」と言われたそうです。

 

「そんなに良かったの?」と聞いたところ「腕が良いし、希望を伝えたところすぐに理解してくれた。対応も早く、会話も必要な時に話しかけてくるだけ。値段も高くない。大阪でカットすることにこだわらず、もっと早くあの理容室に行けば良かった!」と言っていました。

 

その後、気になったのでそのお店を調べたところブログもホームページもSNSもやっていませんでした。Googleマイビジネスだけです。それでも1時間で7人の予約が入ってくるのです。

 

顧客満足度が異常に高いお店は必ずリピーターがつきます。それだけではなく「あのお店良かったよ。」と勝手にオススメしてくれます。今のお客様の満足度を上げるだけで新規顧客が勝手に入ってくるようになります。

 

美容室や理容室に行くのは髪を切って欲しいからです。お茶を出したり肩を揉んだりするサービスの前に、髪を切ることへの満足度をあげることを考えてみましょう。

 

お客様の髪への悩みを聞いたり、普段の髪のセットで困っていることを聞いたりして、それに真摯に対応することで満足度は必ず上がります。

 

Web集客に頼る前に自分のできることを地道に積み上げてみてください。

blog.akira-workshop.com