集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ブログ記事には画像や絵文字を入れないと読まれないと教えられました

「ブログ記事には画像や絵文字を入れないと読まれないと教えられました。」と、女性のお客様から相談を受けることが多いです。

 

「ブログ記事に画像は3枚以上入れましょう」「絵文字を入れないと文字ばかりで記事は読まれません」そう教えているブログコンサルタントがたくさんいます。「画像や絵文字を入れないと、読者が退屈するので読まれない」と教えています。

 

あなたのブログが読まれない理由はもっと単純です。

 

あなたのブログが面白くないから読まれないのです。

 

ブログ記事が読者にとって面白ければ画像と絵文字を入れなくても読まれます。というか、絵文字と画像を入れないと読まれないなら、ブログ記事ではなくマンガを書けば良いのです。

 

私のブログにはほぼ画像を入れていません。絵文字に至っては一切入れていません。ですが、私のブログに1時間以上滞在して記事を読む人もいます。一気に300ページ読む人もいます。読者に興味があることを書いていれば、文字だらけの記事でも読まれます。

 

画像や絵文字を入れるのは、内容のない記事を画像や絵文字で誤魔化しているだけです。内容のない記事をいくら書いても、結局は誰も読まないのです。

 

読者は画像を見たくてブログを読んでいません。絵文字でホッコリしたいからブログを読んでいません。絵文字を入れないと退屈するなら、その記事は最初から退屈な記事です。

 

ブログ記事タイトルを読んで、記事の内容を読みたいと思ったので読者はブログを読んでいるのです。画像や絵文字が見たくて、記事を読むわけではありません。そんな単純なことに気付いていない人が多すぎます。

 

画像を探す時間があるなら、他のことに時間を使ってください。読者が知りたい内容や読者の悩みを解決する方法を考えましょう。それをブログ記事として書けば、興味がある人は、文字だけでも読んでくれます。

 

ブログ記事は文字だけでも十分に読者に面白いと思ってもらえます。

読まれるブログの書き方はこちらを参考にしてください。

→ 関連記事一覧:集客できるブログの書き方記事一覧

 

ただし、文章が長すぎるとそれはそれで読むのが苦痛になるので、簡潔に記事を書いてください。1000文字前後が一番読みやすいです。

 

あなたのブログのどこを直せばいいのかがわからない場合は、一度私の添削サービスをご利用ください。または直接ご相談ください。

 

画像や絵文字を入れなくても、面白くて読まれるブログになりますよ。

blog.akira-workshop.com