集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

たくさん記事が読まれるアメブロの書き方を教えてください

まず、読まれるブログということは「文章が書かれていること」が前提としてあります。

 

それを踏まえると読まれるブログは、

  • 記事タイトルと記事内容が合致している
  • 記事内容と関係のない画像は入れない
  • 絵文字を使っていない
  • 文章は左詰めで書く
  • 改行を多用していない句読点のある文章で書かれている

上記の条件を満たしている記事になります。

 

次に、たくさん読まれるブログということは「読者の興味のあることが簡潔に書かれている」必要があります。

 

そのため、

  • 挨拶やプロフィールを記事の冒頭に書かない
  • あなたの最近の出来事を書かない
  • あなたの気持ちや思いを書かない
  • ダラダラと長い文章で書かない
  • 回りくどい言い回しや丁寧すぎる文章を書かない
  • LINEやメルマガに誘う文章を書かない

読者が知りたい情報だけを簡潔にわかりやすく書いている記事ほど、たくさん読まれます。

 

特にアメブロの記事は、プロフィールや挨拶、最近の出来事、LINEへの誘導が多すぎて、読める部分がほとんどありません。

 

その上、記事内容と関係のないイメージ画像をペタペタと貼り付けている人が大多数です。

 

記事内容と関係ある画像は貼り付けると効果的ですが、関係のないイメージ画像は記事を読むのに邪魔になるだけです。

 

そして、読者に興味のあることが文章で書かれている記事が多くなると、記事同士の関連性が出てきます。

 

私もよくやっていますが、過去に書いた記事や関係のあるテーマを「関連記事」として記事内にリンクを貼ります。そうすると、興味のある人は、リンクの貼っている記事も読んでくれるため、たくさんの記事が読まれるようになります。

 

アメブロならではの書き方をしてる人が多いですが、返って読みにくい書き方になっています。以下の記事も参考にしてください。

 

アメブロ以外でブログ記事を書いていても、たくさん読まれる記事の書き方は同じです。ぜひ参考にして記事を書いてみてください。

 

あなたの記事がたくさん読まれていないなら、ぜひ私に相談してください。たくさん読まれる記事の書き方を私が直接教えますよ。