ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

コンサルタントに依存する人は言われたことしかやらない人

自力という言葉の反対語に他力という言葉があります。自分で物事を決める力を養ってこなかった人に他力本願が多いです。そしてそういう人は、言われたことしかやりません。言われたことしかやらない人がコンサルタントに依存する傾向があるなと最近気付きました。

コンサルタントに依存するだけではなく、

  • 上司に依存する
  • 子供に依存する
  • 結婚相手に依存する
  • 親に依存する
  • 友達に依存する
  • 恋人に依存する

などなど、色んな人に依存したがります。

 

親の言うことをよく聞いたり、親の望むままに就職したり結婚したりした人は、言われたことをするのが得意です。ですが、何かを決める時は自分の頭で考えて決めることができません。

 

コンサルタントはヒントをくれたり客観的な視点を与えてくれる人ではありますが、絶対に成功させてくれる人ではありません。

そのため「これを試してみたら?」とコンサルタントに言われても、やるかやらないかは自分で決めないといけません。もちろんやってみてダメだったら自分の責任です。それを理解していない人が多いです。

 

口では「私の責任です」と言いますが、どう考えても自分の責任だとは思っていません。案外、自分の頭で考えて、決めることができる人って少ないんじゃないでしょうか。誰かに責任を転嫁したい人がうじょうじょいます。

 

私も数ヶ月に一度、コンサルタントに相談していますが「これで上手くいくでしょうか?」と聞くと「わからないね」とハッキリと言われます。それはそうです。やってみないとわからないのが当たり前です。こんな感じで、「わからないね」とハッキリ言ってくれたほうが私としてはありがたいです。

「崖から落ちたらいつかは底まで落ちるから心配ありません。底まで落ちたらそれ以上落ちることはありません。」とも言われました。そんな感じで、できるコンサルタントは一歩踏み出すための勇気を与えてくれる人です。

 

「これさえやれば絶対に成功します!」「月商7桁稼げます!」と言っている起業塾やコンサルタントを選ぶ人は、他力本願な人です。そこから一歩抜け出す勇気を持ちましょう。そんなしょーもない起業塾やコンサルタントに依存しても集客できるようにはなりません。大丈夫、あなたならきっとできます。自分で崖から飛び込む勇気を持ちましょう。

背中を押して崖から突き落として欲しい、そんな勇気ある男性からのご相談お待ちしております。

blog.akira-workshop.com