ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

占いで無料鑑定から有料鑑定になかなか繋がりません

「無料鑑定の依頼は入ってきますが、有料鑑定には繋がりません」と、占い師のお客様から相談を受けることが多々あります。

この悩みの答えは割と簡単です。ブログやSNS上で「無料で鑑定します!」とだけ書いて無料鑑定しているからです。

 

ただ単に、無料鑑定を受け付けているだけでは「とりあえず無料だし、占ってもらうか」と、真剣に悩んでいない人が依頼してきます。そういう人は「タダで占ってもらってラッキー」と思っています。そのため、お金を払って占いを依頼するほど悩んではいません。あなたはそういう人を大量に集めているだけなので、有料鑑定に繋がらないのです。

 

では、無料鑑定から有料鑑定に繋げるにはどうすればいいのか?それは、ブログやSNSに本当に悩んでいる人が考えていそうな悩みを書きます。

例えば、

  • 「妻とはまだ別れられない」と不倫相手から言われたけど、一体いつ別れるの?
  • 「お前は重いんだよ!」と付き合った男性から私がいつも言われるのはなぜ?

などです。

 

実際にこの2つはあるあるだと思います。

既婚者男性と不倫している女性の9割ほどが「妻とは別れる予定だけど、今はまだ別れられない」と男性から言われています。(私見ですが...)

いつも男性に尽くして振られる女性は「お前は重いんだよ!」と、付き合った男性全員から言われています。

 

そういう人は真剣に悩んでいます。まずは真剣に悩んでいる人の目にとまるブログやSNSの内容にする必要があります。そうしてから無料鑑定を受け付けると、ブログやSNSに書いた内容通りの人が無料鑑定を依頼してくれます。そうすると有料鑑定につながりやすくなるのです。

 

私が占い師の時は、ほぼ100%でブログに書いた通りの人が無料鑑定を依頼してくれました。そのため、有料鑑定にも繋がりやすかったです。

 

入口はブログやSNSです。依頼者の悩みをしっかりと理解し、悩みについてブログやSNSが書けていると有料鑑定に繋がります。まずは入口を見直してみてください。一人では何をどう書けばいいのかわからない場合は、いつでも相談してください。

blog.akira-workshop.com