集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削などを教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

結論のない記事を書いても最後まで読まれない

相談してくれるお客様のブログを数多く読んできましたが、ほとんどの人が結論のない記事を書いています。

 

私は人のブログを読むことが仕事なので、どんなに読み辛い記事でも最後まで読みます。ですが、結論のない記事を最後まで読める根性のある人は、存在しないと思ってください。

 

内容のないダラダラとした記事を読むほど苦痛なことはありません。朝礼での校長先生の話が苦痛なのと同じです。

 

ブログから集客したい場合は、必ず「結論(答え)」を先に書いてください。

 

私の記事を読めばわかりますが、ほとんどの記事は先に結論(答え)を書いています。

 

例えば以下の記事ですが、

タロット占い師のブログ記事にタロットカードの解説を書いても鑑定依頼は来ない

タイトルが結論になっています。

 

人には欲望があります。欲望とは「不足を感じてこれを充足させようと望むこと。」です。

 

結論(タイトル)を読んだだけでは話の全貌はわかりません。そのため、人は不足を感じます。不足分を補おうとして、記事の内容まで読んでくれるのです。

 

そのため、「結論」を書いた後には、必ず「理由」を書き、「理由」を説明するための「具体例」を書きます。

 

「結論」→「理由」→「具体例」で書くことが、最後まで読まれるブログ記事の書き方です。

 

結論(答え)がない記事を読んでいると「で、この人は結局何が言いたいんだ。」となり、記事を読んだ後に何も残りません。そんな記事を大量に書いたところで、ブログから集客できるようにはならないのです。

 

自分の書きたいことだけを書いてもお客様は来てくれません。

関連記事→ ブログから集客できない人は自分の書きたいことしか書いていない人

 

お客様がどんなことを知りたいのかを常に考えていると、そのうち最後まで読まれる記事の書き方がわかってきます。

 

お客様の知りたいことがわからない人は、いつでも相談してください。私があなたと一緒に考えますよ。