文章やブログの書き方、構成、添削、製品カタログとプレゼン資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログの書き方、構成、添削、SEO対策、文章からの集客の相談に乗っています。あなたのブログを読みやすく、あなたのプレゼン資料をわかりやすくします。私の個別指導を受けると集客できるブログが書けるようになり採用される資料が作れるようになります。

MENU

ブログを書いても集客できない人は自分のことしか書いていない人

お客様と会う前にブログやホームページ、ランディングページの内容を確認しますが「これじゃあ集客できないな」と思うことがほとんどです。なぜなら自分のことしか書かれていないからです。

 

集客するということは、商品やサービスを売りたいからお客様を集めるのです。それなのに、

  • 自分はどんなことをしているのか
  • 自分のプロフィール
  • 自分の不幸話

が大半を占めています。あなたの商品やサービスとはまったく関係ありません。

 

アイドルならこれでもいいです。ですが、あなたはアイドルではありません。あなた自身に誰も興味はありません。

 

では、お客様は何に興味があるのかというと、自分のことにだけ興味があります。

 

ブログで集客するということは、まずGoogleやYahoo!からの検索で表示され、誰かにあなたのブログを読んでもらう必要があります。

見ず知らずの人が書いたブログを読む場合、ブログを書いた人のプロフィールがいきなり長文で書かれていても読みたくありません。なぜならブログを書いた人には、その時点では興味がないからです。

 

あなたの不幸話は誰も知りたくありません。あなたのプロフィールも知らなくてもいいです。あなたがどんなことをしているのかも今のところ関係ありません。

 

見ず知らずの人が書いたブログをなぜ読むのかというと「自分の悩みや困りごとが解決できそうなことが書かれている」から読むのです。あなたに興味があるから読んでいるのではありません。

 

例えば、

あなたが四十肩で悩んでいるとします。あなたはGoogleで「四十肩 直し方」で検索するでしょう。そしてあなたの症状に似た人がどのように四十肩を直したのかが書かれているブログがあれば熱心に読むと思います。そのブログを書いた人が整体師なら「一度相談してみたい」とあなたは思うかもしれません。

もし、そのブログに整体師さんのプロフィールや苦労話だけが書かれていたなら、あなたは読む気にもならないと思います。なぜならどこの誰だかわからない整体師の苦労話を知りたくないからです。知りたいのはあなたの四十肩がどうすれば治るのかだけです。

 

ブログから集客したい場合は、必ずお客様の悩みや困りごとだけを書いてください。「どんな悩みを持った人が、どのように解決したのか」それがブログで書かれていて、記事の内容に興味を持てば、次はあなた自身に興味を持つようになります。それまであなたのことは出し惜しみしてください。

 

「自分のことしか書いてない訳じゃない」とあなたは思っているかもしれません。ですが、私があなたのブログを読めば、集客できない原因がすぐにわかります。自分のこと以外が書かれているなら、商品やサービスをゴリ押ししている内容が書かれている場合があります。それでも集客はできません。

 

なぜ集客できないのかがあなた自身でわからない場合は、すぐに私に相談してください。一人で悩んでいても答えは見つかりませんが、人に相談するとすぐに答えが見つかります。悩んでいる時間がもったいないので、いつでも相談してください。

blog.akira-workshop.com