ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ブログに自分のことは書けますが人のことは書けません

「文章を書くことは好きなので自分のことは書けますが、人のことは書けません」と言う女性のお客様が一定数でいます。こういう女性は文章を書くのが上手いです。独特の世界観や、ある種の才能を持っている人もいます。美人な人も多いです。

私なんて、自分のことは一切書きたくないのが本音です。私の場合は逆で、自分のことは書きたくありませんが、人の悩みならドンドン書けます。

 

どちらが集客に向いているかというと、人の悩みについて書けるほうが集客には向いています。

 

なぜなら人は自分以外の人に興味がないからです。自分以外の人のことなんて知りたくありません。それが本音です。

blog.akira-workshop.com

 

では、どういう状況なら人が書いたブログを読んでくれるのかというと、「自分の悩みがどうなるのか」がブログ記事に書かれている場合です。

 

私に個別相談を申し込んでくれるお客様は、ブログの書き方がわからずに悩んでいます。そして、ブログコンサルやブログの書き方についてGoogleで検索しています。そして私のブログに辿り着き、自分と同じ悩みを持ったお客様のことが書かれた記事や今まで知らなかった情報が書かれた記事を読みます。そこに私のことは書かれていません。書かれているとすれば、参考になりそうな私の体験談を書いているぐらいです。

 

私は「視点の切り替え」という言葉を個別相談でよく使うのですが、自分視点からお客様視点に切り替えて、ブログ記事を書くことがブログ集客には必要です。

 

今までは自分の視点でしか物事を見ていなかったと思いますが、その視点をお客様の視点に切り替えます。その人が何を考えて、どういうことに悩み、不安を抱えて過ごしているのかを考えてください。そして、その悩みに対して、あなたが提供できる情報をブログ記事に書いてください。

 

どうしても自分のことが書きたい場合、別記事として書くとあなたに興味を持った人が読んでくれます。そちらの記事のほうが人気になり、お客様が来てくれることもあります。

 

まずは、お客様視点でブログ記事を書いてください。元々、文章が上手い人は視点を切り替えてブログ記事を書くだけで、ザクザク集客できる可能性もあります。自分のことは一旦置いておき、お客様の悩みを書きましょう。

blog.akira-workshop.com