集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

知らない人から信用されるには時間がかかる【エッセイ】

お金の話に興味があるので読んだのが、この本。

人生を豊かにしてくれる「お金」と「仕事」の育て方松浦 弥太郎  (著)

 

予想した内容と違ってちょっとビックリした。

 

もっと株式投資の話とかが書かれているんだろうと考えてたけど、投資の話は話でも自己投資の話だった。本を読むとか人と会うとか、そっちの投資です。

 

これから起業を考えている人やすでに起業している人が読むとかなり勉強になる。

 

起業後、事業を軌道に乗せるためにはいかに時間がかかるのかを、著者の経験談と共に書かれている。

 

仕事を軌道に乗せるには、もっと賢いスマートな方法があるのかなと思ったけど、そうではなかった。

 

何事も人から信用を得るためには時間がかかるということだ。特に知らない人から信用されるには、時間がかかる。知らない人ってお客様のことでもある。信用されてはじめて、仕事が徐々に入ってくる。

 

この「信用される」という段階をすっ飛ばすと、仕事は長くは続かない。でも「信用される」をすっ飛ばしたい人は多いんだよね。

 

私が人から信用されるために必要だと思うことは、

  • 人の話をよく聞くこと
  • 自分の間違いを素直に認められること

この2点じゃないかと思っている。

 

やっぱり人は、自分の話を聞いてほしいと思ってる。けど、なかなか人の話を聞いてくれる人っていないんだよね。人の話を聞くよりも自分の話を聞いてほしいから。

 

人の話を聞けるようになるだけで、かなり人からは信用されるようになる。

 

それと、自分の間違いを素直に認められる人も、人から信用されやすい。逆を考えればわかりやすいんだけど、自分の間違いを絶対に認めない人は「この人に話しても無駄だ」と人から思われる。そういう人は誰からも信用されてない。

 

何歳になっても自分の間違いを素直に認めて謝れる人は、信用されている。

 

ということで、私は常にこの2点を意識しながら人と接している。それだけやってれば信用される訳でもないんだけど、最低限これだけはやっとかないと人として何か欠けていくような気がしている。

 

株式投資の話も出てくるんだけど、実は私も結構前からやってます。人には勧めないけど。向き不向きがあるし、儲かるかどうかはその人次第だから。聞きたい人がいれば、いつでもご相談ください。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com