集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削、文章の書き方・資料作りを男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

お金にならなくても断らずにやってみればお金儲けに繋がっていく

ほとんどの人は先にお金儲けのことを考えます。どうすれば儲かるのかばかりを考えますが、お金を儲けることを先に考えるとほとんどの場合が儲かりません。

 

なぜなら、誰もあなたが「どんなことができるのか」「どれだけの実力があるのか」を知らないからです。

 

お金儲けのことばかりを考えている割に、仕事もなく暇を持て余している人が多いです。それならお金にならなくても断らずにやってみてください。暇も潰せますし、実績もつきます。

 

私の今年の目標は「お金にならなくても断らずにやってみる」です。

 

デザイン、Webサイト制作、コンサル、タロット占いなど、お金になるお金にならないを考えずにとりあえず引き受けていたら、お金になる仕事が入ってくるようになりました。

 

まずは、あなたにできることを周りの人にできるだけ話すようにしてください。

関連記事→ あなたにできることを人に話すとそれが仕事に繋がっていく

 

あなたのやっていることに興味があれば、誰かが声をかけてきます。

 

最初はお金にならなくても、断らずにやってみてください。あなたの実力を知ってもらうための先行投資だと考えましょう。先行投資が上手くいけば、次は仕事として正式に依頼してもらえます。

 

ずっとお金を払ってくれない人なら、その人からの依頼は断ってください。その人は「無料」が好きなだけで、あなたの実力を認めて依頼している訳ではありません。

 

とりあえず何でもやってみると、意外なところから仕事が舞い込んできます。これ本当ですよ。

 

何でもすぐにはお金にはなりません。ですが、続けていればそのうちに興味を持ってくれる人が出てきます。その時に、あなたの実力が出せるように、何でもやってみておくことです。

 

「お金にならなくても断らずにやってみる」という言葉を頭に入れておくだけで、人から頼まれたことを断りにくくなります。これがお金儲けに繋がっていくので、頭に入れておいて損はありません。お試しあれ。