集客ブログ記事の書き方・添削・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン方法などを教えるDTPデザイナー歴20年以上のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン相談など、文章の書き方とデザイン方法をメインに教えています。

集客作業でのブログ記事の書き方・構成・デザインをサポートします@デザインコンサルタント秋山アキラ

サーチコンソールの見方がわからないので見ないです

「サーチコンソールの見方がわからないので見ないです」と、いうお客様が多いです。

 

ホームページやブログにサーチコンソールを設置しているにも関わらず、サーチコンソールを見ないということは、試験を受けたにも関わらず試験結果を見ず「私の試験の結果がわからない!」と言っているのと同じです。

 

試験を受けたら結果を確認しないと、次の試験への対策を打つことはできません。

 

それと同じでブログ記事を書いているなら、サーチコンソールでGoogleでの順位を確認しないと、ブログの順位を上げるための対策を打つことができません。

 

ホームページやブログを作ったのは、あなたの商売やあなたのやっていることを必要としている人に知ってもらうためです。それなのに、「見方がわからないから見ない」とか「見るのが面倒臭い」と言っている人は、そもそもGoogleの順位を上げる気がないのと同じです。

 

「順位よ上がれ〜!」と、念じても残念ながら順位は上がりません。

 

Googleでの順位を上げるには

  • ブログタイトルや記事タイトルに検索されたいキーワードを入れる
  • 記事タイトルに沿った記事を書く
  • 狙ったキーワードでのGoogleの順位を確認する

 

上記をやった上で、どんなキーワードならあなたのブログ記事が勝てるのか、勝てる土俵(勝てるキーワード)をサーチコンソールで探すこともできます。

 

Googleで上位表示される記事は、そんなに多くはありません。1000記事書いている私のブログでさえ、常にクリックされている記事は30記事ほどです。ですが、30記事でもGoogleから私のブログに流入してくれた人が、他の記事も数百記事読んで、個別相談に申し込んでくれます。

 

そのため、数記事だけでもGoogleで上位表示され、クリックされる記事を作ることが大事なのです。数記事あるだけで、あなたの商売の内容に興味があれば、他の記事も読んでくれます。

 

上位表示される記事を適当に作るよりも、サーチコンソールで狙いを定めて記事を作ったほうが効率的に記事が作れます。

 

時間がないなら、なおさらサーチコンソールを活用して、ホームページやブログにSEO対策をしましょう。それだけで、コスパもタイパも良くなります。

 

サーチコンソールの見方や活用方法がわからない人は、いつでも相談してください。効率的な使い方をあなただけに教えますよ。

© AkiRa Workshop 当サイトの情報を転載、複製、改変等は禁止いたします