集客の悩み相談室|集客のブログ記事の書き方・構成方法・SEO対策、販促用のチラシやパンフレットの作り方やデザイン方法を男性に教えるDTPデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成方法・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削、文章の書き方や資料の作り方を男性をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

世界一になりたければニッチだけど確実に需要がある業界や仕事を探せ

私は「とある業界」で世界一のデザイナーです。これはその業界にいる人なら誰もが認めてくれます。私の作った印刷物は「バイブル」として扱われ、今もその業界の「伝説」となっています。

 

あなたが世界一になりたければ、なれる可能性はあります。

 

ものすごくニッチ(大手が狙わないような小規模で見逃されやすい事業領域)だけど、確実に需要がある業界や仕事を探して、そこで1位になればいいのです。

 

私がデザイナーになった時は三流以下のデザイナーでした。ですが、転職をして医療機器メーカーの内勤のデザイナーとなりました。

 

そこで地道に16年間、印刷物を作り続けました。3年も経たないうちに、その世界でほぼ誰も真似できない技術を身につけました。

 

なぜ私は世界一になれたのか?

 

それは、私のように手間のかかることを誰もやっていなかったからです。他の人が誰もやっていないことをやるだけで、日本一または世界一になれます。地域でなくとも、社内で一番になれたりします。

 

他の人がやっていないから誰も求めていないのかというと、そうではありません。求めてはいるけれども今までやってくれる人がいなかっただけ。ということが多々あります。

 

私のいる業界がまさにそうでした。そのため、私は3年もかからずにその業界で世界一になれたのです。

 

私は世界一になろうと思ってなった訳ではありません。「気付いたらなっていた」というのが真相です。

 

まずはニッチだけど確実に需要がなくならない業界や仕事を探しましょう。同じことをしている人がたくさんいる業界や仕事では、いつまで経っても三流以下のままです。

 

見つけたら愚直に技術を磨き続けることです。

 

それだけであなたは世界一になれる可能性があります。見つかったらそれだけで儲けもんですよ。

→ ご相談はコチラ:個別相談とブログ記事の添削・再構成サービスの詳細と料金について