集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ブログには自分のストーリーを書かないとダメだと思っていました

「ブログには自分の想いや自分がなぜこれをやっているのか、などのストーリーを書かないとダメだと思っていました」とお客様に言われました。

 

ストーリーを書けと教えているコンサルや講師は腐るほどいます。そして書籍でもめちゃくちゃ多いです。ですが、実際はストーリーを書いても読まれていません。ウザがられています。

 

以前の記事にも書きましたが、お客様は自分のこと以外興味はありません。

関連記事→ 人が書いたブログを読みたいと思ったことはありません

 

お客様は「自分がどうなるのか」だけが知りたいのです。

 

集客のためにブログを書いているならお客様の悩みやお客様が知りたいこと、知らないことを書かないと読んでもらえません。

 

私の占い師のブログでは、少しでも自分の考えを書くと占いの先生から「これ、あなたの意見だよね。いらないから全部削除して」と言われて消していました。

そして、

  • お客様は何を考えて
  • 実際にはどんな気持ちで過ごしているのか
  • そしてお客様はどうなりたいのか

そこを重点的に書いていました。

 

自分のストーリーをブログ記事には一切書きませんでした。結果、その記事を読んだお客様が「先生のブログ記事を読んで他の占い師とは違うと思って依頼しました!」と鑑定を依頼をしてくれました。

 

ストーリーを書かなくてもあなたのお客様のことを考えて記事を書けば、共感してもらえます。

 

安っぽいストーリーを作り上げるのは詐欺師の手法と同じです。まさに「オレオレ詐欺」です。

 

そうならないように、お客様の不満、不安、不信などを考えてブログを書きましょう。

関連記事→ お客様の「不」を考えないと集客できない

 

無理矢理にストーリーを書き続けて苦しんでいる人は多いです。辛いなら今すぐにやめてください。あなたのブログに何を書けばいいのかわからないなら、私が一緒に考えます。悩んでいるなら、今すぐに相談してくださいね。