ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

頭が良くて仕事ができる男性は誰に相談すればいいのかをわかっている

頭が良くて仕事ができる男性は、人をよく観察しています。そのため、誰に聞けば的確なアドバイスがもらえるのかをよくわかっています。

 

前の会社で「頭良いな」「仕事ができるな」と思える後輩男性が二人いました。どちらも頭の回転が速く、仕事をさせても早いです。

 

そんな頭の回転が早く仕事のできる後輩二人からことあるごとに「秋山さん、相談させてください」「秋山さん、ご意見聞かせてください」と度々言われていました。

 

私はその二人と仕事的にはまあまあ関係ある立場でした。ですが、もっと関係ある人は他にもいます。同じチームの人とか。ですが、二人とも何かあると私によく相談してくれてました。

 

私は女性ですがデザイナーという仕事柄、客観的視点を常に求められます。そのため、様々な男性から仕事の相談もされますし、上のクラスの人から「あいつは仕事できそう?このままで大丈夫かな?」と人間性や仕事の向き不向きの意見を求められることが多々ありました。

 

同性である男性に相談すればいいのにと思うでしょうが、同性である男性に相談するとマウント取ってくるヤツもいるため面倒臭いのです。

その上、相談しただけなのに「コイツは俺を尊敬している」と勘違いして偉そうな態度に出てくるヤツもいます。

その後輩二人はそんな面倒臭い男性に我慢しながら最初こそ相談していましたが、途中から完全に男性に相談するのをやめ、私に相談していました。

 

頭が良くて仕事のできる男性はそんな面倒臭い人間には相談しません。聞いたことに対して簡潔でわかりやすく、そして的確なアドバイスをくれる人を求めています。

ということで、黙々と仕事をして、マウントを取らない、偉そうな態度にもならない、客観的視点を持つ女性の私に相談してくるのです。

 

頭が良くて仕事ができる男性からの相談お待ちしています。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com