ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ブログが上手く書けない人は声に出して読むと上手く書けるようになる

「ブログが上手く書けません」と相談に来るお客様がたくさんいます。最初からブログが上手く書ける人はいません。なので心配しなくても大丈夫です。

 

まずは、あなたが書いたブログを声に出して読んでみましょう。それをスマホで録音して聞いてみてください。何を言っているのか意味がわからないところが必ず見つかります。何度も音声を聞きながらブログ記事を書き直してみてください。少しずつブログの書き方が上手くなっていきます。

 

外国の人が日本語を話すのを聞いていると「日本語がちょっとおかしいな」と感じます。日常的に会話を耳で聞いているため、音声で聞くと違和感を感じやすいのです。特に自分で書いた文章は、目で読むだけでは違和感を感じにくいです。ですが、音声で聞くと感じやすくなります。

 

ブログが上手く書けないのは、りんごを包丁で上手くむけないのと同じです。りんごの皮を最初から上手く包丁でむくことができる人はほぼいません。まずは包丁の使い方に慣れる必要があります。何度か繰り返していくと、りんごの皮が途中で途切れることなくむくことができるようなります。それと同じでブログ記事も一度書いただけでは上手くなりません。

 

作家でもライターでもない人が、書いたことがないブログを最初から上手く書けるはずがありません。そしてそういう人に限って、自分が書いたブログを読み返すこともしていません。上手く書けないと言いながら、自分の書いたブログを読み返すことなく放置しています。どこが読みにくいのか、どこが上手く書けていないのか、それも考えずにただ書いているだけです。そんなことをしていてはいつまで経っても上手く書けるようにはなりません。

 

私は文章の校正をする時は、必ず文章を何度も声に出して読みます。 そうすると文字の間違いや言い回しがおかしいところを見つけやすくなります。必ず効果があるのでぜひやってみてください。

 

その前に、ブログに何を書けばいいのかがわからない人は、私に相談してください。書く内容が決まる上に、ブログが上手く書けるようになりますよ。

blog.akira-workshop.com