集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

Web集客が上手くいかないのはあなたが誰にも知られていないから

Web上で集客できずに悩んでいる人はたくさんいます。そんな人が集客できない理由は明白です。誰にも知られていないからです。

 

その証拠に、facebookやインスタで広告を出したお客様も相談に来ますが、「広告を出している時は集客できていたけど、やめた途端に誰も来なくなった」と言います。

 

広告を出すと多くの人に知ってもらえます。その結果、誰かはあなたのことを知ってくれます。その中からお客様になってくれる人が出てきます。

 

ですが、広告を出さなくなると逆戻りで誰にも知られなくなり、お客様が来なくなります。

 

広告を出すと多くの人に知ってもらえますが、その分、お金もかかります。「ずっと広告を出し続けないと集客できない」と悩んで相談に来るお客様もいます。

 

お金があるなら広告を出し続けるのもいいですが、広告だけに頼ると広告を出さなくなった途端に誰も来なくなります。

 

お金をかけずにあなたのことを多くの人に知ってもらうには、ブログやSNSで誰かの役に立つ情報をアップし続ける必要があります。今は、ブログでもSNSでも無料でできます。

 

即効性には欠けますが、人の役に立つ情報をブログで書き続ければ、その情報を必要とする人には読まれるようになります。

 

ブログやSNSが読まれるようになれば、あなたに興味を持つ人が出てきます。人数は少なくても、その中からお客様になってくれる人も出てきます。

 

ということにいち早く気付いた人が、Web上で集客できるようになるのです。

 

あなたを知ってもらうためにはブログやSNSを人が読みたいと思える内容にする必要があります。人が読みたいと思うのは、人の悩みについて書かれているブログやSNSです。あなたの日常生活やあなたの言いたいことではありません。

 

そして、できるだけ長くブログやSNSを続けることです。続けていれば徐々に読んでくれる人も増えていきます。途中でやめてしまえば、結局は誰にも知られないまま終わっていくのです。

 

人に知ってもらうためにはブログやSNSに何を書けばいいのかわからない。人に知ってもらう方法がわからない人はいつでもご相談ください。あなたを知ってもらうために何をすればいいのかを私が教えますよ。

blog.akira-workshop.com