男性専門でブログの構築方法、記事の書き方、SEO対策、資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログ記事の書き方、SEO対策や資料の作成方法をアドバイスしています。文章の校正、添削、再構築も行っています。外資系企業での人間関係の悩み、男女間の悩み、親の介護の悩み相談にも乗ります。主に個人事業主やフリーランスの男性の相談に乗っています。

MENU

東京から移住しても都会からは離れられない話【エッセイ】

ベトナム人技能実習生のルポが面白かったので、同じ著者の本を読んでみた。それがこちら。

「東京を捨てる-コロナ移住のリアル」澤田 晃宏 (著)

 
テレワークが進み、東京から地方に移住した人たちの話を著者が聞き取っている。著者の澤田さんご自身も東京から淡路島に移住したらしい。
 

東京は家賃がとにかく高い。特に23区内はめちゃくちゃ高い。その上に部屋が狭い。ベランダも狭すぎる。

私の元彼が東中野で30平米の1Kマンションに住んでいた。駅から歩いて15分もかかるのに、家賃はなんと11万6千円だった。阿佐ヶ谷に住んでいた友達は駅チカだけどベランダがないのに、12万円も払っていた。大阪では考えられない。

 

コロナでリモートワークが増えたから、もっと地方移住者が増えるかな?と思っていたけど、あんまり増えてないらしい。それもそのはず、リモートワークができている会社はまだまだ少ない。日本の大企業でさえ週に2回テレワークができていれば良いほうだろう。

 

そして、東京から移住したとしても、必ず都会と接点がある都市を選んでいる。電車や車で1時間もすれば、すぐに都会に出られる都市に人気が集中している。なんだかんだ言っても、やはり都会は便利なのだ。そして今まで都会に住んでいた人が、完全に都会から離れることはできないんだと思う。

 

何かあればすぐに都会に戻れるようにしている移住者が多いと本を読んで感じた。子供が小さい時は田舎で過ごしたいけど、中学ぐらいになればまた都会に戻りそうな気がする。競争社会で生き残るには、やはりそれなりの学力を持つ子供たちがいる都会で勉強させないと、我が子が落ちこぼれるのではないかと心配している親が多い。

 

そして、移住すると家賃は安くなるけど、水道光熱費や車の維持費にかなりのお金がかかることもわかった。なので、移住しても暮らし的にはそこまで楽にはならない。ご近所さんから野菜とかは山ほどもらえるけどね。

 

私も東京は住むところじゃないなと行くたびに思っていた。なので東京から移住したい人の気持ちはわかる。

 

私のオススメはやはり大阪。東京が嫌なら大阪に住めばいいのにと思う。東京に長年住んでいて、転勤のため家族全員で大阪に越して来た人に「大阪はどうですか?」と聞いてみた。「大阪って物価も安いし、何でも揃っているしめちゃくちゃ住みやすいわ。もう東京に帰ることは考えてない。」と言っていた。

大阪って都会に見えるけど、実はかなり田舎だ。一部だけ都会で残りはほぼ田舎。その上、家賃は東京の半分ぐらい。物価も東京よりは安い。なんせ大阪人は安いものが好きだから。

 

結局はど田舎よりも、適度に田舎で適度に都会な所が一番住みやすいんだろう。今後も東京から田舎に移住する人はあんまり増えないと思う。年取ると都会のほうが病院が近くて便利だよ。

blog.akira-workshop.com