ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

できる人と思われるプレゼン資料が作りたいです!

「大企業で働いていたのに、プレゼン資料をほとんど作ったことがありません。『さすが、あの会社で働いていたいただけある!』と思われるプレゼン資料が作りたいです。」と、男性のお客様から相談されまします。

 

かなりハードル高めの相談ですが、この相談は結構簡単です。装飾は一切排除して、超シンプルな資料にすれば「この人はできる」と思わせやすいです。こちらの記事もプレゼン資料作りの参考にしてください。

blog.akira-workshop.com

 

今まで私も色んな人のプレゼンを見てきましたが、「この人プレゼン上手いな」と思った人は、超シンプルなプレゼン資料を作っている人です。

  • 背景は白
  • フォントはゴシック体
  • 基本の文字色は黒かグレー
  • ポイントの文字色は2色まで

 

逆に「この人は資料作りが下手だな」と思うのは、

  • 背景が青
  • 文字色が黄色やピンク
  • フォントの統一感がゼロ
  • 色んな文字色や記号(星やハードなど)を使っている

背景を青やネイビーにして、文字色を黄色にしている男性を数多くみましたが、スターウォーズの影響なのでしょうか?とても見辛いし、目がチカチカします。画像にするとわかりやすいと思います。

プレゼン資料作り

どちらの資料が「できる人」と思われるかは一目瞭然です。

 

見た目をシンプルにするほど、プレゼン資料はわかりやすくなります。内容も同じように、できるだけ不必要な情報はカットします。余計な情報を書くと、伝えたいことが伝わらなくなります。資料の内容については以下の記事を参考にしてください。

blog.akira-workshop.com

 

資料作りは装飾や文字色に凝れば、上手く見えると考えている人が多いですが、実はその逆です。装飾や文字色を凝らないほうが、上手く見えます。あなたの資料を見直してみてください。くれぐれも背景色ブルーと文字色イエローはやめましょう。仕事ができない人まっしぐらです。

資料作りが苦手な人は、いつでもご相談ください。一緒にシンプルな資料に作り直しましょう。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com