ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

タロット占いのインスタ集客でスリーカード占いをアップしても有料鑑定には繋がらない理由

タロット占い師のお客様は、インスタでスリーカードの占いをアップして集客している人が多いです。ブログでもスリーカード占いをアップして、集客しようとしています。ですが、集客できていません。無料鑑定の依頼は来ますが、有料鑑定には繋がっていません。

 

インスタのスリーカード占いは、朝の情報番組の「今日の占い」と同じです。「今日の占い」を見て、「この占い師に占ってほしい!」と思う人はほぼいないと思います。誰が占っているのかも知らない人がほとんどです。

 

そのため、見る側は娯楽としては楽しめます。ですが、本気で悩んでいる人は、大勢の人を対象とした占いよりも「自分の悩みを専門で占ってくれる占い」を探します。

 

スリーカード占いは「無料だし一回占ってもらおう」と大して悩んでいない人を集客することはできますが、「彼にフラれたけど復縁するにはどうすればいいのか」と本気で悩んでいる人を集客することはできません。そのため有料鑑定には繋がらないのです。

 

スリーカード占いをインスタにアップするのは、タロット占い師にとっては楽です。自分の頭を使わなくても毎日出たカードの写真を撮影し、それをアップすれば良いだけだからです。ですが、占ってもらう側からすると、人の悩みを想像できない人に占って欲しくはありません。

 

あなたに占いを依頼するのは、真剣に悩んでいる人です。占いなら何でも良いわけではありません。人の悩みや痛みを理解してくれている占い師に、鑑定を依頼したいと思うのは当たり前の話です。そう考えるとスリーカード占いを毎日インスタにアップしても有料に繋がる占いの依頼が来ないのは当たり前ということになります。

 

インスタでもブログでもアップする情報は「お客様の悩み」です。お客様の悩みを真剣に考えて地道にアップしていくと、本気で悩んでいる人が鑑定を依頼してくれます。そのうちに有料鑑定にも繋がるようになっていきます。まずは、占いを依頼するお客様の悩みを色々と考えてみましょう。

blog.akira-workshop.com