集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ターゲットを絞りすぎるとお客様が来ないままになる

「ターゲットを絞れていないため、誰に向けてブログを書けばいいのかわからなくなっています。」と、女性のカウンセラーのお客様に相談されました。

 

ターゲットは絞れば絞るほどいいと言われていますが、起業初期やお客様が入っていない人がターゲットを絞ると、お客様が来ないままになります。

 

ターゲットが絞れていないと相談に来るお客様がたまにいます。

→ 関連記事:ターゲットを絞ると集客できると教えられました

 

特に起業初期はお客様が来ません。来ていない状態でターゲットを絞りに絞ると誰にも知られないままになり、すぐに廃業になります。

 

とりあえず、色んな人の悩みについてブログ記事を書いてください。できるだけ間口を広げてみるのです。

 

多くの人にあなたのブログ記事が読まれるようになり、お客様が来るようになれば、そこから絞ればいいのです。

 

「こんな相談は受けたくない」とあなたが思えば、そのブログ記事を削除すればいいだけです。

 

私も占い師の時は人間関係の悩み全般でブログ記事を書いていました。ブログから集客できるようになってから「恋愛専門」に絞りました。

 

その際も、友達関係の悩みについて書いたブログ記事を「削除」しただけです。それだけで友達関係の悩みの相談は来なくなりました。

 

ターゲットを絞るのは後からできます。まずは広げてみてください。意外な記事からお客様が来ることもあります。できるだけ人の色んな悩みをブログ記事に書きましょう。

 

何を書けばいいのかわからなくなっている人は、いつでも相談してください。1時間で誰に向けて何を書けばいいのかがわかるようになりますよ。

blog.akira-workshop.com