集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

普段からお客様の話を真剣に聞いている人は記事タイトルの付け方が上手くなる

「記事タイトルを付けるのが苦手です。」と、お客様から相談を受けることが多々あります。

 

記事タイトルの付け方で悩んでいるお客様に「今までどんな悩みをお客様から相談されましたか?」と、質問するとすんなり相談された悩みが出てくる人もいます。

 

「お客様から相談されたことを、そのまま記事タイトルにすればいいですよ。」と伝えると「それならいくつでも出てきます!」と答える人は、記事タイトルの付け方が徐々に上手くなります。

 

それとは逆で、私の質問を考えた上で「わかりません」と答える人は、お客様の悩みを真剣に聞いていない人です。お客様の悩みはそっちのけで、自分の言いたいことをお客様に話しまくっている人です。

 

要は人の話を聞いていないのです。

 

お客様の話に真剣に耳を傾けている人ほど、お客様から信用されます。そして、記事タイトルの付け方も上手くなります。

 

私の記事タイトルもお客様から相談されたことを、そのままタイトルにしている記事がほとんどです。

 

人があなたの記事を読むか読まないかの判断は記事タイトルで決まります。多くの人が考えている疑問やいつも声に出して嘆いていることを記事タイトルにすれば、興味のある人は必ず読んでくれます。

 

商売をする上で、お客様の話ほどお金になるものはありません。自分の話をしたいのはわかりますが、商売をするならお客様の話を聞くことが売れるための一番の近道です。人の話を真剣に聞く習慣を身に付けましょう。