集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

ブログ記事には見出しを入れた方がいいですか?

「ブログ記事には見出しを入れた方がいいですか?」と、女性のお客様に相談されました。

 

長い記事なら見出しは入れた方がSEO的にも良いですが、見出しが必要ということは、文章が長いということでもあります。

 

基本的に長い記事は読まれません。

 

今は500文字〜1000文字ぐらいの文字数で「サクッ」と読める記事が好まれています。そのため、1記事を長くするよりも記事を分割して2〜3記事にした方が読まれます。

関連記事→ 長いブログ記事を分割するだけで記事数もアクセス数も増える

 

記事を分割して、各記事に「関連記事」としてリンクを貼れば、興味のある人はリンク先の記事も読んでくれます。

 

短い記事をたくさん書いた方が、読者は飽きずに読んでくれます。ブログの滞在時間も増えます。その結果、ブログからのお申し込みも増えます。

 

記事が長いと、どうしても不要なことまで書いてしまうため、読む方も途中で疲れてきます。

 

読者を疲れさせず「他の記事も読みたい!」と思わせるために、読者が知りたいことだけを簡潔に書けば「面白いブログ」と認識されます。

 

どうしても記事が長くなってしまい、記事が読まれていないなら、私が分割方法を教えるのでいつでも相談してください。あなたのブログ記事を読まれる記事にしましょう。