ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

違うブログで同じ記事をアップしても問題ないでしょうか?

「アメブロとnoteの両方に記事を書く予定ですが、同じ内容の記事をアップしても問題ないでしょうか?」とお客様から質問されることが増えました。

 

まったく同じ記事を別のサイトに載せるとGoogleから重複コンテンツ(コピーコンテンツ)とみなされます。どちらかの記事はGoogleやYahoo!で検索しても表示されなくなるので、同じ記事をアップする意味がありません。

seolaboratory.jp

 

私は占い師をやっていたのですが、その時のブログ集客ではアメブロとワードプレスを使っていました。もちろん、記事の内容は違うものを書いていました。ただし、キーワードだけ同じモノを使っていたのです。

 

例えば、アメブロで「元彼復縁するために今あなたができること」というタイトルで記事を書いたとします。ワードプレスでは「元彼と本当に復縁できるのか?タロットで占ってみる」というタイトルで記事を書きます。

 

タイトルの内容は違いますが【元彼】【復縁】とキーワードを同じにしていました。【元彼】【復縁】で検索された際に、どちらが上位表示されるかを調べていたのです。【元彼】【復縁】で検索している人が多いため、どちらかの記事は誰かに読まれて、内容に共感されれば、鑑定を依頼してくれます。そのため、キーワードを同じにして違う記事を書くことはアリです。

 

そもそもアメブロとnoteで同じ記事しか書けないなら、ブログを2つもする意味がありません。使い分けができないならブログは1つに絞ったほうが記事を多く書けます。管理も楽になります。SEO対策もしやすいです。

 

アメブロで多いのが、記事のほとんどがプロフィールのブログ記事です。記事全体の5割以上が同じ内容の場合は、重複コンテンツ(コピーコンテンツ)とみなされることもあるので注意が必要です。ほとんどすべての記事がGoogleに登録されなくなる可能性もあります。

 

複数のツールを使って露出を増やすことを考えずに人が読みやすい、かつ読みたい記事を書くことを意識してください。そのほうがGoogleで上位表示されやすく、より多くの人にアクセスしてもらえます。

 

文章の書き方については、こちらの記事も参考にしてください。

blog.akira-workshop.com

 

あなたも違うブログで同じ記事をアップしているなら、徐々にでもいいので、どちらかのブログに統合させてみてください。管理も楽になりますし、きっとアクセス数も増えます。どのブログに統合させればいいのかわからない場合や何を書けば良いのかがわからない場合は、いつでも相談してください。

blog.akira-workshop.com