文章やブログの書き方、構成、添削、製品カタログとプレゼン資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログの書き方、構成、添削、SEO対策、文章からの集客の相談に乗っています。あなたのブログを読みやすく、あなたのプレゼン資料をわかりやすくします。私の個別指導を受けると集客できるブログが書けるようになり採用される資料が作れるようになります。

MENU

PREP(プレップ)法の書き方の具体例を教えてください

ブログでもインスタでも今はほとんどがPREP(プレップ)法を使って文章が書かれています。ただ、PREP法の書き方をイマイチわかっていない方が多いです。

 

PREP(プレップ)法とは:

要点を抑えた、わかりやすい、かつ説得力のある文章が書ける文章の型です。

結論(Point)→ 理由(Reason)→ 具体例(Example)→ 結論(Point)

この順番で文章を書きます。

 

具体例は以下のようになります。 

ブログタイトル:

ブログ集客にはなぜ時間がかかるのですか?

 

ブログ本文:

【結論:P

SEO対策をしたブログ記事をWeb上にアップしても、Googleで上位表示されるまでには3〜6ヶ月は時間がかかります。

【理由:R

なぜなら、Web上で信用度の低いサイトをすぐに上位表示させると、Googleに対するお客様の信用度も下がる可能性があるからです。

【具体例:E

実際、私のワードプレスのサイトも6ヶ月目まではGoogleで上位表示されていませんでした。ですが、6ヶ月を過ぎてから上位表示され始めました。今では、14記事中10記事ほどがGoogleで上位表示(20位以内)されています。

【結論:P

従って、SEO対策をしたブログでも3〜6ヶ月はGoogleで上位表示されません。6ヶ月を過ぎたあたりから上位表示された記事が、検索からクリックされるようになります。それまでは地道にSEO対策をした記事を書き続けて、ブログからの集客を狙いましょう。

 

ブログ記事をPREP法で書くには、ブログタイトルを質問形式にすると書きやすくなります。「なぜ〇〇なのですか?」「どうして〇〇になるのですか?」などです。お客様に実際に聞かれたことや、お客様が実際に悩んでいることをタイトルにすると、記事が読まれやすくなります。

 

ブログ記事の最初に結論を書くと、質問に対する回答がすぐにわかります。ほとんどの方はブログのタイトルを読んで、本文を読むかどうかを決めます。タイトルに対する回答がすぐに書かれていると、もっと詳しい内容が読みたくなります。

 

PREP法で大事なのは

  • ブログタイトル(質問または悩み)
  • ブログ記事の出だし(回答または結論)

です。

ここで興味を持ってもらえなければ、その後の記事にどんなに良いことが書かれていても読まれません。前半が勝負です。

それを意識してPREP法でブログ記事を書き、インスタの画像を作ってみてください。

 

あなたの商売では、PREP法でどのように文章を書けばいいのかわからない場合は、個別にご相談ください。集客できるブログの書き方を教えますよ。 

blog.akira-workshop.com