文章やブログの書き方、構成、添削、製品カタログとプレゼン資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログの書き方、構成、添削、SEO対策、文章からの集客の相談に乗っています。あなたのブログを読みやすく、あなたのプレゼン資料をわかりやすくします。私の個別指導を受けると集客できるブログが書けるようになり採用される資料が作れるようになります。

MENU

返信が早い人はお客様からの信頼が得られる

「ストアカで他の講師の方にメッセージを送っても返信がなかなか返ってきません」とお客様からメッセージが届きました。

この話、結構他のお客様からも聞きます。ストアカ講師だけではなく、コンサルの先生や依頼しているデザイナーなど、「返信が遅い」または「返信がない」と困っているお客様が多いです。

 

メールやLINE、ストアカ内でのお客様への返信は早ければ早いほどいいです。人は知りたいことがあれば、今すぐに知りたがります。少しでも時間があいてしまうとイライラしだします。そして「この人はダメだな」と思われてお客様が離れていきます。

 

私はメールの返信が早く、仕事も早く、帰るのも早いので職場では驚かれていました。仕事では常にメールをチェックしています。メールが届けばすぐに返信します。返信が早すぎてビックリされることもあります。

すぐに返信すると、お客様から「この人は私に誠実に対応してくれている」と思われます。実際、誠実に対応しています。そうすると、お客様からの私への信頼度が上がります。

 

それとは別で返信が遅い人は何をやらせても遅いです。仕事も遅いのでイライラします。そしてこのタイプの人は、メールに要点を書いていない場合が多いです。読んでいても言いたいことがわからず、結局電話して聞くハメになります。わかりにくい文章が相手の時間を奪っているという感覚すらありません。

あなたもそうならないようにメールは必ず要点を書きましょう。


返信が遅いとお客様からの信頼も得られません。どうしても返信できない時間帯がある場合は、「〇〇時〜〇〇時までは返信ができませんのであらかじめご了承ください」と、どこかに書いておきましょう。それだけでお客様は安心します。

メールやLINEの返信速度は自分で調整することができます。返信が早いだけでお客様からの信頼度が上がるので、今すぐに実践してみてください。

blog.akira-workshop.com