文章やブログの書き方、構成、添削、製品カタログとプレゼン資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログの書き方、構成、添削、SEO対策、文章からの集客の相談に乗っています。あなたのブログを読みやすく、あなたのプレゼン資料をわかりやすくします。私の個別指導を受けると集客できるブログが書けるようになり採用される資料が作れるようになります。

MENU

不幸な状態も長く続けば安定に変わる【ワンドの4】

タロット占い師をやっているけど(現在休業中)、タロットカードに関する話って書いたことがない。「息抜きに書いてみようかな」と、さっき思い立ったので、暇な時に書いてみる。

 

 【ワンドの4:小アルカナ】

ワンドの4

幸せそうに見えるカードだけど、そうでもないのがこの「ワンドの4」のカード。私的にはあんまり良い時に出てこないカードでもある。

4って数字は占いでは「安定」って意味でもある。この「安定」というのが厄介なワードなのだ。

 

幸せな状態が「安定」しているならいいけど、このカードが出る時は「変化がない」時によく出る。良くも悪くも「平々凡々」で面白くなかったり、イラついている感じでもある。

 

そして、不幸な状態の時にも出てくる。「私は不幸です」「なぜ私だけ不幸なのでしょうか?」と相談に来る人もいるけど、こういう人って不幸な状態で居続けたい人が多い。その時に「ワンドの4」が出ると、「幸せになりたいと思ってねーじゃん。」となるのだ。

 

不幸な状態も長く続けば、それは安定した状態になる。人は極端に不安定を嫌う。そのため、不幸な状態の方が安定しているため、自分からそこを出ることはしない。つまり行動しないのだ。

 

自分は安定を望んでいるので不幸な状態から抜け出したくない。けど、「誰かが勝手にやってきて、幸せにしてくれるなら不幸から抜け出してやってもいいぜ」的な人が結構いる。こういう人が占い依存になりやすい。そしていつも文句ばっかり言ってる。

 

私の意見に賛同してくれる占い師さんは多いと思う。

 

「ワンドの4」は、悪いカードじゃないんだけど(そもそもタロットカードに悪いカードはないけど)、とにかく「安定」の中でも一番「日常」感が強いカードかな。

 

という感じで、私が思うカードの印象を書く予定だけど「このタロットカード話は続くのかな」と一抹の不安を覚えながら始まりました。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com