ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

お客様の声を聞くと需要が出てくるようになる【音声配信】

需要がない商品やサービスは売れません。ですが、需要を見つけるのは結構大変です。一番簡単な需要の見つけ方は、お客様の声をよく聞くことです。

こちらで解説しています。

anchor.fm

再生時間:12分7秒

 

売れない人は自分の売りたい商品やサービスを売ります。売れている人はお客様の欲しい商品やサービスを売ります。

両者の違いは「お客様の声を聞いているか聞いていないか」です。

 

私も昨年までは高額な継続商品を販売していました。ですが、継続商品よりも単発商品の需要が高かったため、単発の相談に切り替えました。単発の相談を受けるようになってから、リピートやクチコミしてくれるお客様が増えました。そして、お客様からのご要望を聞くことにより、他のサービスも売れるようになりました。

 

需要はどこにあるのかわかりません。そのため、「私は絶対にこれしかやらない!」と決めているといつまでも売れるようにはなりません。

お客様の声の中に必ず需要があります。その需要に応えることで、あなたへの需要が出てくるようになるのです。

こちらの記事も参考にしてください。

blog.akira-workshop.com

 

お客様はどんなことに悩んでいるのか、どんなサービスが欲しいと思っているのか。それを直接お客様に聞くと徐々に需要が掴めるようになっていきます。一緒に需要を探しましょう。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com