集客ブログ記事の書き方・構成・SEO対策、販促用チラシやパンフレットの作り方・デザイン添削など、文章の書き方を教えるDTPデザイナー歴21年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

長年のデザイナー経験と自身のブログ集客の経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方・構成・SEO対策、チラシやパンフレットのデザイン添削など、文章の書き方をメインに教えています。外資系企業に16年勤務した経験から外資系企業にお勤めの人のお悩み相談にも乗っています。

MENU

技術職の女性は男性より技術が高くなければ選ばれる理由がない

技術職の女性や資格を持っている女性が増えています。私もDTPデザイナーなので技術職に当たります。DTPデザイナーは女性も多いですが、やはり男性のデザイナーのほうが採用されやすいです。なぜなら世の中はまだ男性社会だからです。

 

男性と女性の技術が同じぐらいであるなら、ほぼ男性が選ばれます。女性はまだまだ男性よりは「劣る」存在だと思われています。女性が選ばれるためには、圧倒的な技術力がなければ、選ぶ側としては女性を選ぶ理由がありません。

 

女性が「可愛い」「若い」ならば、観賞用としてそばに置いておきたいと思われますが、仕事上ではそうはなりません。仕事で使えないなら、置いておく価値もないと思われます。

 

男性は技術力が低くても「今後伸びていく可能性がある人」と思われ、選んでもらえます。

 

ですが女性は違います。可能性では選ばれないのです。選ばれる前から圧倒的な技術力を見せなければ、選んではもらえません。

 

私も男性二人と同じチームでしたが、最初は選んでもらえませんでした。なぜなら女性だからです。男性も女性も一緒に仕事をするのは、男性がいいと思っています。女性であるというだけで技術力が低いとも思われていました。

 

ですが、私は男性二人よりも圧倒的に高い技術力を持っていました。私と一緒に仕事をすると、次からは必ず私を選ぶようになります。それは高い技術力と一度聞いただけで把握できる理解力があったからです。

 

女性は男性よりも不利な状況が多いです。ですが、技術力を高めていけば絶対に男性に負けることはありません。「女だから選ばれない」と思っているならそれは違います。

 

特に男性は自分にとって利益をもたらしてくれる人と仕事をしたいのです。利益をもたらしてくれるなら男性でも女性でも関係ありません。そこを理解して、誰にも負けない技術を身に付けると、男女関係なく選べれるようになります。

blog.akira-workshop.com