ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ブログ記事がGoogleで検索上位に表示されないので悩んでいます

GoogleやYahoo!で検索上位に表示されるには記事タイトルのキーワード設定と記事の書き方が重要です。 

キーワードプランナーでキーワードを探しても、あまりにも検索数が多いキーワードを選ぶと検索上位に表示されません。キーワードプランナーについては以下を参考にしてください。

blog.akira-workshop.com

 

例えば、あなたが「腰の痛み」についての記事をブログに書いたとします。キーワードプランナーで「腰の痛み」の月間検索ボリュームを調べてみると、「1万〜10万」が検索されています。

月間の検索数があまりにも多い場合は、同じキーワードを使った記事タイトルで記事を書いている人もそれだけ多くなります。そうすると検索上位に表示されることがありません。

 

そこで「腰痛」の中でも「どんな種類の腰痛か」を考えて腰痛の種類を絞ります。

  • 「くしゃみ 腰痛」だと月間で「100〜1000」
  • 「くしゃみをすると 腰 が 痛い」だと月間で「100〜1000」
  • 「くしゃみ 腰 激痛」だと月間で「10〜100」

同じ腰痛でも、なるべく具体的な症状を考えて、キーワードを見つけます。上記のキーワードを使った記事タイトルを考えてみると、

  • くしゃみ腰痛が起きた時の対処方法
  • くしゃみをすると腰が痛い時のくしゃみの仕方
  • くしゃみをすると激痛が走る場合はどうすればいいですか?

となり、くしゃみで腰が痛くなる人に検索されやすくなります。月間の検索ボリュームは少ないですが、その記事タイトルでブログ記事を書いている人も少いということです。結果として、くしゃみによる腰痛に悩んでいる人に見つけてもらいやすくなります。もちろん検索上位に表示されやすいです。

 

記事タイトルの付け方は以下のサイトも参考にしてください。より詳しく書いています。

akira-workshop.com

 

あとは、記事の書き方です。くしゃみによる腰痛に悩んでいる人は、

  • 痛みの原因は何か
  • どうすれば痛みが楽になるのか

この2点が知りたいのです。

 

余計なことは書かずに、くしゃみによる腰痛で悩んでいる人が知りたい情報だけをブログ記事に書きましょう。余計なことを書くと、せっかく検索上位に表示される記事タイトルを付けても、記事の内容が邪魔をして順位が上がってきません。

blog.akira-workshop.com

 

悩んでいる人が多いキーワードを使ってブログを書こうをすると、返って誰にも読まれないブログになります。それよりも、悩みを細分化することで、本当に悩んでいる人に読まれるブログになります。そうするとGoogleで検索上位に表示されるようになります。検索上位に表示されなくて悩んでいる人はぜひ試してみてください。

blog.akira-workshop.com