ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

完璧です!素晴らしいイラストとなりました!

11月から引き受けた企業案件の仕事が先ほど終わり「完璧です!素晴らしいイラストとなりました!」と依頼先から感謝の感想が送られてきました。この感想を見て「やはり今世紀は、この業界で私を追い抜く人は出てこないだろう」と確信しました。

blog.akira-workshop.com

 

メディカルイラスト(医療用イラスト)の仕事を個人でやっている人は少ないと思います。私は特に背骨に特化したメディカルイラストを描いているので、日本では競合がいません。世界でもいないかもしれません。そういう意味では、まだまだ新規参入できる可能性はあります。

 

人の背骨や後頭骨の解剖を理解した上で、イラストを描いているため、骨だけをただ単に描ければ言い訳でもありません。実際にドクターが手術を行っている時に、周りの組織がどうなっているのかまで考えてイラストを描いています。そのため、イラストが上手いだけでは成り立たない仕事です。

 

そう考えると、やはりこの業界では、まだまだ私の世界一位のポジションは保てそうです。

 

ただ、この仕事の難点は、宣伝ができないということです。どんなに「素晴らしいイラストです!」とお客様から褒められても、ブログやホームページに描いたイラストを載せることができません。企業案件の場合、著作権は企業に取られてしまいますし、基本的に医療関係者以外に描いたものを見せることもできません。

 

そのため、メディカルイラストの仕事は口コミでしか入ってきません。その辺りが「難儀だな」といつも思います。

 

背骨なら描けるので、整形外科のドクターがいればいつでも相談してください。こっそりと今まで描いたイラスト見せますよ。

blog.akira-workshop.com