ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

私が書いたブログ記事じゃないみたいでビックリしています!

「私が書いたブログ記事じゃないみたいでビックリしています!」と、私のブログ添削サービスを依頼してくれたお客様から、よくご感想をいただきます。なぜこういう感想になるかというと、私がやっているのはお客様が書いた記事を並び替えているだけだからです。並び替えるだけでお客様が書いた記事が見違えるように読みやすく分かりやすくなるので、自分が書いた記事とは思えないという訳です。

 

お客様のブログを個別相談前に確認するのですが、ブログ記事に余計なことを書いている人が大多数です。ブログ記事のタイトルも記事内容とリンクしていません。

 

私がお客様のブログ記事を添削する場合、

  • 挨拶や宣伝、プロフィールや最近の出来事などの余計な文章は削除する
  • 不要な画像は削除する
  • ブログ記事の中で伝えたいことや結論を冒頭に移動させる
  • 結論に直結する理由を冒頭の次に移動させる
  • 画像を適切な位置に移動させて、必要ならキャプションを付ける
  • 記事の内容に沿ったタイトルに変更する

などです。

 

不要な部分を削除するだけで、かなり読みやすくなります。記事と関係のない画像を無理やり貼り付けている人も多いので、それらも全部削除します。

記事を読んでいると「これが伝えたいんだな」ということがわかるので、その伝えたいことが伝わるように文章の順番を入れ替えます。

後は、記事内容に合ったタイトルにすれば、完成です。

 

ほとんどの人は、伝えたいことがあるものの、余計なことを書きすぎているため、それが読者にストレートに伝わっていません。結局、何が言いたいのかが読んでもわからないので、最後まで記事が読まれずに去られています。

 

まずは、余計なことをすべて削除してみてください。それだけで記事が読みやすくなります。次に、記事内容に合うタイトルを付けてください。なぜだか皆さん、記事内容とは関係のないタイトルばかり付けています。それなら読まれなくて当然です。そして、記事の中で重要なことは、なるべく冒頭に移動させましょう。それだけで読みやすくなります。

 

個別相談を依頼してくれたお客様には、サービスで1記事だけブログ添削をしています。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

blog.akira-workshop.com