男性専門でブログの構築方法、記事の書き方、SEO対策、資料の作り方を教えるDTPデザイナー 秋山アキラ

集客できるブログ記事の書き方、SEO対策や資料の作成方法をアドバイスしています。文章の校正、添削、再構築も行っています。外資系企業での人間関係の悩み、男女間の悩み、親の介護の悩み相談にも乗ります。主に個人事業主やフリーランスの男性の相談に乗っています。

MENU

表記を統一することが会社の信用に繋がる

前の会社ではすべての販促品を私がほぼ一人で作っていたので、表記統一にはかなり気をつけていました。私以外の人も社外への資料を作ることがあります。そんな時は社内での表記を統一し、その情報を関係者と共有します。それだけで社内間は、かなり表記が統一できます。

 

表記を統一させることは会社の信用に繋がります。前に作ったカタログやチラシと書いていることが少しでも違うと「前とは違うことが書いてある」となることが結構の確率であります。大きな会社であればあるほどお客様の目は厳しくなります。

 

大きな会社で表記を統一させることはかなり大変です。販促品はすべて私が作っているので私が気を付ければいいだけですが、社外へのプレゼン資料となると作っている人が全員違います。そのため、あらかじめ社内で表記統一を徹底する必要があります。

 

そこで気を付けることは、表記統一した内容に変更があった場合です。変更がかかることは結構あります。その情報が共有されていないと最悪です。販促品を作っている私でさえ知らされていない時もありました。そうなると表記が統一されなくなります。そこで信用が落ちます。社内間での不信も広がります。

 

ひとり起業でも中小企業でも、表記統一を心掛けるだけで信用度は上がります。そういう細かいところに気を配れる会社だとお客様に思われるからです。

 

ブログやホームページを読んだ時に、どのページを読んでも表記が統一されているだけでかなり読みやすくなります。本当に簡単なことなので自分の中でまずは表記統一のルールを作ってみると良いです。

 

何気ないことですが、ほとんどの人ができていません。表記を統一して信用度をあげたい個人事業主や中小企業はいつでもご相談ください。

blog.akira-workshop.com