ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

男性のコンサルタントには自分のことを話したい人が多い

私は女性のコンサルタントと直接お話ししたことはありませんが、男性のコンサルタントとは数名お話ししたことがあります。

そこで共通して思ったことは「自分のことを話したい人が多いな」ということです。

 

男性なので分析力は高いのですが、とにかく自分の話をしたい人が多いです。私の話をしていたのに、いつの間にか男性のコンサルタントの話にすり替わっていることが多々ありました。特定の男性ではなく、全員に共通しています。

 

とにかく「褒めて欲しい」「すごいと思われたい」という傾向が強いです。途中で男性の自慢話が始りだし、なかなかその話が終わりません。仕方ないので「すごいですね!」と途中で相槌を打つハメになります。私が聞き上手だということも多少は影響してると思いますが。

 

こちらとしてはその人の話を聞くためにお金を払っている訳ではないので「この話、早く終わってくれないかな」と思って待っています。

 

男性はプライドが高い生き物なので、その辺りが面倒臭いと感じます。ちょっとでも否定することを口にすると顔付きがサッと変わります。本人は気付いてないかもしれませんが、私は人の言動や表情を読みながら話をするのでバレバレです。

 

という感じで、女性の私が「この人面倒臭いな」と感じるので、同性である男性が男性のコンサルタントを面倒臭いなと感じることもあるんじゃないでしょうか?

男性のコンサルタントは、昔は自己肯定感が低かったけど、コンサルタントになってから自己肯定感が上がった人が多いです。そのため、褒められることが大好きな人がたくさんいます。

 

男性のコンサルタントにお願いしているけど、一々褒めるのが面倒臭いなと感じている男性がいれば、一度私に相談してください。男性よりも面倒臭くないです。褒めて欲しいとも思っていないので、私に気を使う必要もありません。いつでもご相談ください。

blog.akira-workshop.com