ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

ランディングページは高額商品を売るためのページではない

ランディングページを高額商品を売るためのページだと考えている人が結構います。ですが、ランディングページは

  • メルマガやLINEへの登録
  • お試し商品のお申し込み

など、あなたのお客様になってくれそうな人を集めるためのページです。高額商品や本命商品を売るためのページはセールスレターです。ややこしいですね。こちらで詳しく解説していますのでご一読ください。

akira-workshop.com

 

ランディングページからメルマガやLINEに登録してくれた人、またはお試し商品を買ってくれた人だけに高額商品の案内を送ります。そのページがセールスレターになるのです。

 

ランディングページを読んだだけで高額商品が売れるなら誰も苦労しません。売れないからランディングページ→メルマガ→セールスレターという手順を踏ませているのです。ランディングページでお得情報やプレゼントを付けて、メルマガやLINEに登録させ、その中でカモになりそうな人を育てます。育った頃にセールスレターで高額商品を買わせるのです。言い方悪いけど。

 

ランディングページを作っても誰からもお申し込みが入らなくて悩んでいる人が多いですが、そもそもランディングページは単体では機能しません。 ブログやSNSからランディングページに誘導する必要があります。よほど役に立つブログやSNSでない限りは、誰もランディングページまで辿り着きません。あなたのブログやSNSはそもそも誰にも読まれていない可能性の方が高いのです。面白くもないし役にも立たない情報ばかりアップしているからです。

ランディングページからお申し込みが入らなくて悩んでいる人は、以下の記事も参考にしてください。申し込みが入らない謎が解けます。

blog.akira-workshop.com

blog.akira-workshop.com

 

私も昔はメルマガに登録してもらうためのランディングページを作っていましたが、今はやっていません。その代わりにブログで役に立つ情報をジャンジャン書いて、私の記事に興味を持ってくれたお客様がすぐに私のサービスを申し込めるようにしています。そのほうが話が早いです。

 

という感じで、ランディングページを作るより重要なのは、人の役に立つ情報や人が知りたい情報をブログやSNSにアップすることなのです。その部分がスッカリ抜け落ちている人が多すぎます。ランディングページのことは一旦忘れて、ブログやSNSをジャンジャンアップしてください。

 

ブログやSNSに何をアップすればいいのかがわからない人は、いつでもご相談ください。あなただから発信できる情報を一緒に見つけましょう。

blog.akira-workshop.com