ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTP/Webデザイナー歴20年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴20年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

集客のために毎日ブログを書いた方がいいですか?

「集客のためにはブログを毎日書いた方がいいですか?」と男性のお客様に相談されました。実はこの質問、かなりされます。

結論から言うと、書くことがあるなら毎日ブログ記事を書いたほうがいいです。ですが、書くことがないなら無理して毎日書く必要はありません。内容のないブログ記事を毎日書いても集客には繋らないからです。

 

毎日書くことが大事なのではなく、お客様の知りたい情報、知らない情報を書くことが大事なのです。毎日書くことにこだわる人もいますが、それよりも何を書くかにこだわってください。

 

そして、需要のないところに需要のない商品を売ろうとして情報を発信している人がいます。そんな人が毎日ブログを更新したところで、誰にも読まれません。無駄な努力です。

 

まずは需要を見つけ、次に需要に合った情報を発信する。それがブログやSNS集客の基本です。需要に合った情報を毎日発信すれば、毎日発信することに意味が出てきます。ですが、自分の発信したい情報ばかりを毎日アップしても、集客には繋がらず自己満足で終わります。

 

私の場合、ブログ記事の書き方やブログから集客できない人に向けての情報をメインに発信しています。それ以外では、男女の違いの記事、外資系企業の話、親の介護の話などの情報も発信しています。書きたいことを書いているように見えますが、需要があるところを狙って記事を書いています。需要があるからブログ記事が読まれているのです。

 

あなたの職業に関係がない記事でも、書いている内容に需要があれば誰かが読んでくれます。そこからあなたのやっていることに興味を持てばお客様になってくれる可能性もあります。という感じで「この内容、知りたい人が多いだろうな」と思えば、とりあえず書いてみて本当に需要があるかどうかを計測してみましょう。

 

あなたにしか書けない記事がきっとあります。まずはそこを一緒に見つけましょう。 いつでもご相談ください。

blog.akira-workshop.com