ブログ記事やホームページ、文章の添削や書き方、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を男性に教えるDTPデザイナー歴19年のデザインコンサルタント 秋山アキラ

DTPデザイナー歴19年です。医療機器メーカー世界第2位の外資系企業の内勤デザイナーとして16年間、業界一位の製品カタログを作ってきました。社内ではデジタルマーケティング担当者でもありました。その経験を活かして、集客できるブログ記事の書き方、SEO対策、チラシやカタログのデザイン、資料の作り方を教えています。主に男性の個人事業主やフリーランスからの相談に乗っています。企業からの依頼も引き受けています。外資系企業での人間関係のお悩みにも乗っています。

MENU

チラシのデザイン費がA4で55,000円は高すぎる

お客様が依頼したデザイナーさんの諸事情で、チラシの作成を途中から私が後を引き継ぐことになり、色々とお客様からお話を聞きました。詳細はコチラの記事をお読みください。

blog.akira-workshop.com

 

「ぶっちゃけ、このチラシのデザイン費は、おいくらだったんですか?」と質問したところ「A4、1ページで55,000円でした。」とのこと。

正直ビックリしました。「それはボリ過ぎやろ!」と大阪弁で思わず突っ込んでしまいました。

 

私も18年間DTPデザイナーをやっているので、デザインを見れば値段はある程度わかります。私が見た限りではこのデザインでは、どう高値を付けても「5,500円」が限界です。正直、デザインはしていないですし、お客様に言われた通りの内容を入れてるだけです。これではデザイナーさんに数十万円を払っても、依頼者は一円も元を取れないでしょう。

 

個別相談やストアカのお客様から話を聞いても「デザイン会社に騙された!」「デザイナーが全然何もやってくれない!」と不満を漏らす人が大半です。私も長年デザイナーをやっていますが、私と同じぐらい丁寧にお客様から聞き取りをして、デザインをしている人は少数派です。ほとんどがやっつけでデザインしています。その上、修正費や更新費や管理費など、色々と追加費用を請求してくるデザイン会社やデザイナーが多いです。ワガママなお客様が多いのも事実ですが。

 

じゃあ、「チラシデザインの相場はいくらなのか?」という話ですが、そこはデザイナーの力量にもよるので「〇〇円」とは断言できません。ですが、チラシデザイン費のみでA4/1ページが55,000円を超えるなら、それは高すぎです。イラスト作成や撮影などがある場合は、もっと高くなる場合もあります。ですが、文章と写真がちょっと入るぐらいで、5万円を超えるのはちょっと高いです。

 

デザイン料は相場が分かりにくいので、言われるままに払ってしまう人が多いです。お金を支払う前に、他のデザイン会社やデザイナーさんも見て比較してみましょう。他も見て納得できたなら、お金を払って依頼すればいいですが、納得できないなら一旦断る勇気も必要です。

 

チラシやホームページの作成をデザイン会社に依頼しようと思っているけど「ちょっとこの値段って高くない?」と思っている人は、いつでも相談してください。デザイナーの私が、高いか高くないかを見極めますよ。

blog.akira-workshop.com